わらび餅の中に黒蜜が!?「とろーり黒蜜入り もちっとわらび餅」

更新日:2020/12/14 / 公開日:2020/12/14

セブンイレブン , ,

とろーり黒蜜入り もちっとわらび餅

突然ですが、「蕨」という漢字、読めますか?漢字検定準1級で出題される難しい漢字です。

ヒント!埼玉県にはこの漢字を使った日本一小さな市「蕨市」というところがありますよ。

答えは「わらび」で~す。

岩の間から生命力の強い若芽を伸ばして生えてくる、シダ植物の仲間です。

芽の先がクルンと巻き込まれた山菜を見たことがありませんか?それです!

このわらびの根っこを乾燥させて粉にしたものがわらび粉と呼ばれ、和菓子作りで有名なちょっと高価な材料となります。

セブンイレブンで蜜入りのわらび餅が発売

とろーり黒蜜入り もちっとわらび餅パッケージ

そんなわらび粉を使った和菓子の「わらび餅」がセブンイレブンで販売されています。

わらび餅自体はよくある和菓子で黒蜜ときな粉をかけて食べるのですが、なんと、セブンイレブンさんはそのわらび餅の中に蜜を入れてしまったのです。

お店で見かけたときは「あぁ、わらび餅ね」と思いましたが、よくよく考えると「おぉ!!斬新!中に入れちゃったの?!」なかなかのアイデアですよね。

「とろーり黒蜜入り もちっとわらび餅」という商品名です。

セブンイレブンのわらび餅はちょいちょい改良を重ねてきている!?以前に見たときはカップの中に楊枝の様なものが入っていたような気がします。

それで食べるのでしょうけど、きな粉まみれになっていたような…。

他にも大きめの丸餅が4個くらい入っているものや、きな粉たっぷりすぎて餅の姿が見えずらいものや、四角形タイプで蜜は後かけのものもあったような…。

わらび餅研究に邁進しているセブンイレブンの社員の方々が目に浮かびます。

見た目は地味なわらび餅スイーツ

とろーり黒蜜入り もちっとわらび餅開封後

手のひらにスポッとおさまる程度の大きさのプリンカップにお団子が6個。

きな粉がまぶしてあるお団子が入っているだけなので、見た目は正直言って「地味」です。

華やかなパッケージでもないし、同じ棚に並んでいる洋菓子の引き立て役!?ってほどです。

お値段は140円。おやつにも食後のちょっとしたデザートにもちょうどいいお値段だと思います。

なのでこのスイーツとの出会いにハイテンションはないかも…。

さっそく、ふたを開けて中を見ますが、やはり地味なお団子です。

1個は500円玉より2周りほど大きなサイズ。きな粉の香りがいい香りです。

今回なぜかお箸でつまんでしまったのですが、見た目に反して重たい!もったり感がお箸から腕に伝わってきました。

商品名にもあるように、かなりモチっとしています。これはもしかして、かなりコスパのいいスイーツか!?

1個を一口でいただきました。

とろーり黒蜜入り もちっとわらび餅一口サイズ

その名の通りもちっとした食感で中からとろ~りと蜜がでてきて、口の中で餅と蜜が合わさります。

商品名そのまんまの食味で、思わずパッケージを見ながら、「そのと~りじゃん!おいしいじゃん!」とつぶやいてしまいました。

なんとここでハイテンションになる出会いになるとは。

見た目の地味さに反して計算されたおいしさでびっくりです。

きな粉の量もたっぷり入っているわけではなく、ちょうどお餅と一緒に食べきる感じです。ちょうどいい!!

中に入っている蜜も見た感じはとろみ感が少し強い感じでしたが、口の中に入れるとその温度でサラッと流れ出てきて、きな粉と混ざります。

んん~!こーゆーところ、にくい計算している作り方だだよなぁ、と思わざるえません。こころ掴まれます。

蜜の味もしっかり黒糖とわかる深さとコクが味わえました。

いろいろなわらび餅

わらび餅ってよくスーパーで売っていますよね。

蜜もきな粉もかかっていなくて、食べるときにかけるタイプだったり、すでにきな粉まではまぶしてあるタイプだったり。

あれって、あとから蜜をかけるときな粉が蜜をはじいてしまって、なかなか思う量の蜜と餅を口に入れることができなくないですか!?

なんとなく、一体感が味わえなくて全部食べ終えてしまった…なんてことありませんか?

でも、「とろーり黒蜜入り もちっとわらび餅」は蜜ときな粉と餅の一体感を確実に味わえる作りになっていますよ。感動です。

わらび餅の移動販売を知っていますか?

感動といえばわらび餅の移動販売があるのをご存じですか?

愛知県に住んでいたころ、お昼過ぎになると「わらび~もち、わらび~もち、冷たくておいし~いわらび~もち、早く来ないと帰っちゃうよ~」と拡声器で歌いながら軽トラがやってきます。

移動販売といえば焼き芋が代表格ですが、関東では聞いたことも見たこともなかったので(私だけかしら?)まさかわらび餅の移動販売があるとは…と感動したことを思い出します。

ここでも、蜜は後かけタイプのわらび餅でした。それでも、餅はひんやりおいしかったですが、蜜が常温だったので口の中で混ざり合う感じはいまひとつ一体感を味わえなかったような記憶があります。

セブンイレブンの「とろーり黒蜜入り もちっとわらび餅」は冷やしてさらにおいしさを増します。

冷やしても、お餅も中の黒蜜も固くなることはなく、かえって、口に入れたときに体温で蜜のとろけ具合が強調されて、一体感のあるとってもおいしい一口になりました。

話は戻りますが6個で140円。一個23円くらい…これでこの一体感のあるひんやり和菓子を楽しめるなんて、かなりコスパのいいコンビニスイーツだと思いました。

とろーり黒蜜入り もちっとわらび餅の詳細

とろーり黒蜜入り もちっとわらび餅の詳細

商品情報
商品名 とろーり黒蜜入り もちっとわらび餅
価格 151円(税込)
カロリー 155kcal
販売店舗 セブンイレブン

関連スイーツ記事はこちら

SNSでもご購読できます。