【2022年】年賀状の発売日や値段を徹底解説!安く買う方法も!!

年末の悩みのタネの1つ…年賀状。

毎年毎年、郵便局まで買いに行くのが面倒…
いつまでに出せば元日に届くんだっけ?
どこか安く買えるところはないのかなぁ…

と疑問に思ってスマホをポチポチ使って検索していませんか?

そんな悩みを解消するために、この記事では2022年の年賀はがきの発売日や値段、安く購入できる場所などについて詳しく解説しています。

2022年「年賀状」の発売日

2022年「年賀状」の発売日

2022年の年賀状は以下日時から全国一斉に販売開始となります。

2021年11月1日(月)

またこの日から以下の種類が登場してきます。

  • 無地タイプの年賀状
  • キャラクター入りの年賀状(ディズニーなど)
  • イラスト入りの年賀状(干支が入ったもの)
  • 広告付きの年賀状

こちらは全てお年玉付きの年賀はがきとなっています。

また全国の郵便局やコンビニなどの販売期間は2022年1月10日までとなっています。

2022年「年賀状」の値段は?

無地年賀はがき引用元:https://nenga.yu-bin.jp/

2022年の年賀状の基本的な値段は以下です。

1枚63円(税込)

ただこちらは通常タイプ(無地・インクジェット)の値段になっており、キャラクター付きや広告付き年賀はがきなどは値段が異なってきます。

  • 無地年賀状 63円
  • インクジェット年賀状(無地) 63円
  • 写真用インクジェット年賀状(無地) 73円
  • キャラクター付き年賀状(ディズニー)63円
  • 裏面イラスト付き年賀状 108〜140円
  • 寄附金付絵入り年賀状(地方版及び全国版)68円
  • 広告付き年賀状 58円

ほとんど値段に差はありませんが、少しでも安く購入したい場合は広告付き年賀状が安いです。

安い広告付き年賀はがきってどこで買えるの?

2022年「年賀状」の値段は?

先程の値段比較で一番安かった広告付き年賀はがき。通常年賀はがきより5円も安いので、枚数を多く買う人にとってはこの差は大事ですよね。

そもそも広告付き年賀はがきがなぜ他の年賀状より安いのか?

それは年賀状に広告が付いてる分、安くなっているという仕組みです。(ちなみに地域によって広告の種類やデザインが違います)

その広告付き年賀はがきはどこに販売されているのかというと、「全国の郵便局窓口」で購入できます。

また注意しておきたいのが、広告付き年賀はがきはネット販売やコンビニなどでは取り扱っていないこと。

そのため、郵便局まで出向く必要はありますが、安く年賀状を買いたいなら回に出向くしかありません。

裏面イラスト付き年賀状とは?

裏面イラスト付き年賀状とは?

年賀状の値段比較時に一際高い「裏面イラスト付き年賀状」。これは何のことかといいますと、よくコンビニとかで見かける裏面に今年の干支などが描かれた年賀はがきのことです。

3枚入りセットや5枚入りセットでよく販売されていると思います。

これは裏面にデカくイラストが印刷されているので、通常の年賀状みたいにデコレーションする必要がないので、お手軽で簡単です。

その簡単な分、値段が高くなっている年賀状ですね。

送る人数が少ない人は裏面イラスト付きの年賀状なら裏面の事を考える必要がないので楽ですよ。

相場としては3枚セットが420円ぐらい、5枚セットで700円ぐらいですね。(デザインによって値段の差があります)

キャラクター付き年賀状とは?

キャラクター付き年賀はがき引用元:https://nenga.yu-bin.jp/

裏面イラスト付き年賀状とキャラクター付き年賀状の違いって何?っと思ったことありませんか。

私が分からなかったので、その違いを調べてみました。

キャラクター付き年賀状とはディズニーのキャラなどが金額部分に描かれている年賀状になります。

裏面イラストのような大きく描かれたものではなく、ワンポイントで描かれてたものがキャラクター付き年賀はがきですね。

金額部分以外にもお年玉番号近くにもキャラクターが描かれています。

キャラクター付き年賀状の魅力はキャラクターがワンポイントに描かれているのに、無地タイプの年賀はがきと値段が変わらないところ。

そのため、女性を中心にキャラクター付き年賀はがきは毎年人気となっています。

寄附金付絵入り年賀状(地方版及び全国版)とは?

寄附金付絵入り年賀状引用元:https://nenga.yu-bin.jp/

寄附金付絵入り年賀状とは裏面にもイラストが入った年賀はがきのことです。

全国版と地方版の2タイプあり、全国版は切手部分におめだたい鯛が描かれています。

裏面には2022年の干支である寅の置物が描かれたシンプルなはがきになっています。

地方版はそれぞれデザインが異なり、その地域限定のデザインとなっているので、色んなデザインを楽しめる仕様となっています。

全国版も地方版も通常の年賀はがきより+5円高くなりますが、ここでしか買えない年賀はがきとなっています。

いつまでに投函すれば元日に届く?

いつまでに投函すれば元日に届く?

せっかく作った年賀状は元日に届いて欲しいですよね。元日に届くためには以下日時までにポストに投函する必要があります。

12月25日までに投函

12月25日までに投函していれば、よほどのイレギュラーが起きない限り元日までに届いてくれます。

ちなみに年賀状の投函開始は12月15日からです。

元日に届ける12月15日〜12月25日までに必ずポストに投函しておきましょう。

2022年の年賀状を購入できる場所

2022年の年賀状を購入できる場所

年賀状といえば昔は郵便局などに出向いて購入することが普通でしたが、現代社会では色んな方法で購入することができます。

主な購入場所は以下となります↓

  • 郵便局
  • コンビニ
  • スーパー・ホームセンター
  • 文具店・写真屋
  • ショッピングモール
  • ネット通販

郵便局以外でも色んなお店で購入できるようになっていますが、実店舗で購入するならコンビニがいつでも買えるので利便性という面ではおすすめです。

ただ値段の安さを求めるなら、ネット通販で購入した方が安く買えるケースがあるので、個人的には年賀状はネット通販で購入する事をおすすめします。

ネット通販がおすすめな理由

どうしてネット通販がおすすめなのか?

それは早期割引や通販サイト側がそのまま発送までしてくれるからです!

正直な話、年賀状を何十枚、何百枚と書くの面倒じゃないですか?

そんな悩みをネット通販サイトは解消してくれるんです!

全ての通販サイトが対応しているわけじゃありませんが、代理投函に対応したサイトもあるので、このお手軽さはネット通販最大のポイント!

更に早期割引を利用すれば安く年賀状を購入できるので、「時間と値段」両方をお得になるので、これを利用しない手はないです。

ただ最近は色んな年賀状通販サイトが増えてきたので、どれを選べばいいかという悩みも…

ということで次は代理投函に対応かつ、早期割引でお得を感じられるおすすめのネット通販サイトを紹介していきます。

おすすめの年賀状ネット通販サイト【3選】

それでは早速おすすめの年賀状ネット通販サイトをご紹介していきます。

今回おすすめにしているポイントは「代理投函」「早期割引」「デザイン数」 を重視したサイトを紹介しています。

おたより本舗(2021年10月頃受付開始)

おたより本舗

まず最初におすすめしたいのが「おたより本舗」さん。

おたより本舗さんの魅力はなっといっても年賀状の値段が安いところ!

年賀はがきは通常63円するところ、おたより本舗さんは58円と1枚に付き5円も安く購入できます。

値段の安さだけで既におたより本舗さんに決めてもいいところですが、更に代理投函も対応可能で、早期割引で更に安く購入できるなど、まさに今回おすすめしたいポイントを全て対応している年賀状ネット通販サイトです。

もちろんデザインも1200種類を超える幅広いデザインに対応していますよ。

おすすめポイント
  • 年賀状1枚が58円と安い
  • 代理投函対応
  • 1200種類以上の豊富なデザイン
  • 早期割引で最大30%OFF
  • 宛名印刷も無料で対応
年賀はがき料金(税込) 1枚58円
ディズニー・絵入りはがき(寄付金付)は1枚63円~
印刷価格(税込) サイト内にある★ランクによって値段が変わります。
例:★★★の30%割引の場合(はがき代別)
10枚 2,415円
50枚 4,235円
100枚 6,055円
代理投函 可(無料)
宛名印刷 可(無料)
デザイン数 1,200種類以上
送料 無料
支払い方法 クレジットカード・代金引換・銀行振込・コンビニ振り込み・後払い
お届け目安 通常2日程度
昼12時までの注文完了で当日発送
最低注文枚数 1枚から

「おたより本舗」通販サイトはこちら

公式サイトはこちら

挨拶状ドットコム(2021年10月頃受付開始)

挨拶状ドットコム

次に紹介するのは「挨拶状ドットコム」さん。

挨拶状ドットコムは無料会員登録をすることで、色んなサービスを無料で受けれることが魅力の年賀はがき通販サイトです。

挨拶状ドットコムさんも通常価格63円を60円で購入することできるチャンスがあります。(2021年は数量限定での開催でした)

会員登録をすることで、代理投函や送料が無料となっているので、利用には会員登録が必須なサイトです。

デザインも1,000種類を超える数が用意されているので、問題なしです。

おすすめポイント
  • 数量限定で年賀状1枚が60円で購入可能
  • 会員登録で代理投函も無料対応
  • 1000種類以上の豊富なデザイン
  • 早期割引で最大23%OFF
  • 会員登録で宛名印刷も無料に
年賀はがき料金(税込) 1枚63円
数量限定で60円
印刷価格(税込) スタンダード仕上げ(※23%割引・はがき代別)
10枚 3,362円
50枚 5,802円
100枚 8,428円
代理投函 可(会員登録で無料)
宛名印刷 可(会員登録で無料)
デザイン数 1,000種類以上
送料 会員登録で無料(通常330円)
支払い方法 クレジット決済・銀行振込(前払い、後払い)・代引き(別途決済手数料330円)
お届け目安 最短で2日程度
最低注文枚数 1枚から

「挨拶状ドットコム」通販サイトはこちら

公式サイトはこちら

年賀本舗(2021年10月頃受付開始)

年賀本舗

最後に紹介するのは「年賀本舗」さん。

年賀本舗さんもデザイン数が1,210種類と豊富なデザインを揃えており、宛名印刷や代行投函にも対応した年賀はがき通販サイトです。

1枚あたりの年賀はがきは63円と通常価格なのですが、年賀本舗さんの魅力は印刷価格が安いところ!

しかも早期割引がないので、いつでも同じ安さで提供しています。

そのため、早期割引に乗り遅れた時は年賀本舗さんを利用すると結果的に安く年賀状を購入できるので、おすすめです。

また予備の年賀はがきやクリスマスカード、宛名印刷テスト用無料はがきなどが注文した人全員がもらえます。

おすすめポイント
  • 印刷価格が安い
  • 代理投函は無料で対応
  • 1210種類以上の豊富なデザイン
  • いつでも同じの印刷価格
  • 予備の年賀はがきが無料で付いてくる
年賀はがき料金(税込) 1枚63円
印刷価格(税込) 「文字デザイン・2色・3色印刷」(※はがき代別)
10枚 2,303円
50枚 3,346円
100枚 4,473円
代理投函 可(無料)
宛名印刷 100枚まで一律1,000円
※101枚以上は1枚10円
デザイン数 1,210種類以上
送料 無料
支払い方法 クレジットカード・代引き・銀行振り込み・NP後払い 
お届け目安 3日程度
最低注文枚数 1枚から

「挨拶状ドットコム」通販サイトはこちら

公式サイトはこちら

まとめ

最近はほんとに年賀状をネット通販で購入する人が増えてきたと思います。

やはり「自分で書かなくていい!デザインも豊富に選べる!投函まで対応してくれる!」など、楽にできるところが最大の魅力となっていますよね。

早期割引なら安く購入することもできるので、毎年年賀状作成に苦労している方は一度ネット通販サイトを利用してみることをおすすめします!

2022年もお年玉賞品はあります

年賀状の楽しみの1つ「お年玉商品」のクジ。

もちろん2022年もそのクジは健在です。2022年は以下日程で開催されます。

くじ抽せん日
2022年1月16日(日)

また景品は以下になります。

等級 内容 当せんの割合 当せん本数
1等 現金30万円
選べる電子マネーギフト31万円分
2021年発行特殊切手集&現金20万円
※どれか1つを選択
100万本に1本 1,833本
2等 ふるさと小包など 1万本に1本 183,336本
3等 お年玉切手シート 100本に3本 55,000,800本

一度でいいから1等を当ててみたい。

3等のお年玉切手シートは63円切手と84円切手のシール式切手シートとなります。

また意外と忘れがちですが、引き換え期間もありますので、当たった方は忘れずに。

【賞品の引換期間】
2022年1月17日(月)から2022年7月19日(火)まで!

※当選した年賀はがき・切手のくじ番号部分を切り取らずに、郵便局にお持ちください。

合わせて読みたい

毎年お正月には家族や親戚と集まって食べる「おせち」。 数多くの具材が入っていて食べる楽しみが多い正月料理ですが、こんな悩みを感じたことはありませんか?? 販売しているお店が多すぎてどこで買えばいいか分からない 値段を少しでも安[…]

2022年おすすめの「おせち」ランキング!
合わせて読みたい

毎年冬の時期になると食べたくなる「蟹」。 北海道や金沢・福井など有名産地が多いこともあり、販売しているカニ通販サイトもたくさんありますよね。 これだけサイトも沢山あるとサイトによっては届いた蟹が残念な状態で届いた…という苦い経験をしたこ[…]

カニ通販サイトの選び方