一度は読んでおきたい!「小説家になろう」おすすめ作品【21選】

「小説家になろう」って色んな作品があっていつの間にか時間を忘れて読み続けたことありませんか?

ただ最近はもの凄い数の作品が登場していて、どれを読もうか悩むほどに…

こうなると探すのに時間を使いすぎて、読む時間が短くなってしまったっということも。

そこでこの記事では「小説家になろう」を読みまくっている私が一度は読むべきおすすめの作品をピックアップしました。

合わせて他の人の口コミも一緒に載せていますので、「小説家になろう」でどの小説を読もうか悩んでいる方は参考にしてみて下さい。(※ジャンルも恋愛・SF・ファンタジー・戦記からマイナーなジャンルなど幅広い作品を選びました)

目次

1度は読むべき!おすすめ「なろう」作品【21選】

それでは私が「小説家になろう」を読んできた中でおすすめの作品×口コミの評判が良い、なろう系作品をランキング形式で紹介しました。

どれを読もうか悩んでいる方は、ぜひぜひ参考にしてみて下さいね。

転生したらスライムになった件

転生したらスライムになった件出典元:amazon

まず一番最初に紹介するのも今更かも知れませんが、おすすめのなろう系作品は「転生したらスライムになった件」。略して「転スラ」です。

「小説家になろう」では2013年あたりに掲載されるようになり、ここ数年でアニメや漫画化されたり、プライス景品などに頻繁に見かけるようになった人気作品です。

大まかなあらすじは、通り魔に殺された主人化が異性化でスライムとして活躍するといった、転生もの。

今では王道となりつつある転生ものですが、転スラはその先走り的作品でもありますので、まだ読んだことがない人は是非1度読んで欲しいおすすめのなろう系作品です。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • 転生ものを読みたい人なら間違いなくハマる
  • 漫画・アニメなど他の形式でも作品を楽しめる
  • スライム視点のストーリーが面白い

転生したらスライムになった件の口コミ

 
アニメ化もされた転生したらスライムになった件(略して転スラ)ある日仕事場の後輩と街を歩いてるときに通り間に合う。後輩を庇って主人公が刺されてしまう。死んだと思ったら頭の中に不思議な声が聞こえ気づいたらスライムに転生していた。誰もが知る弱い魔物スライムに転生したにも関わらず、どんどん強くなっていく主人公。魔物の国を作り信じられる仲間と一緒に強くなっていく。主人公が元人間ということもあり、人間を信じすぎて裏切られたりと設定が面白い。またこの作品ほどインフレが激しい作品も珍しく面白い
 
現在アニメも絶賛放映中の人気作品、「転生したらスライムだった件」。その本当に1番最初の原作です。プロの手が加わり粗が無くなった小説版や漫画、アニメはもちろん最高ですが、この原作…プロトタイプとでも言うべきでしょうか。これはこれで、素晴らしいです。人物の設定やストーリー構成、裏付けなどが、この時点ですでに割ときちんとしていることが、読むとよく分かります。完結しているから全部読めるというのも、なかなかに魅力的です。私個人としては特に、人物描写の詳細さを評価したいところです。商業化されてキャライラストを見た際、自分の想像とあまり大きな違いがなく、驚きました。そこもぜひ注目して、話題になっている今だからこそ、いろんな方に読んで欲しいです。

公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢の嗜み出典元:amazon

続いておすすめしたい作品が「公爵令嬢の嗜み」です。

「公爵令嬢の嗜み」も転生もののストーリーですが、転生するのが主人公がプレイしていた乙女ゲームの悪役ヒロインというなんとも嬉しくない転生先。

この時点でちょっと読みたくなる作品ですよね。更に漫画化もされているほど人気がある作品で、女性だけじゃなく男性も面白く読める内容になっています。

既に完結している作品になっていますが、未だに人気作品なので、読んだ事がない人は一度読んで起きたい、おすすめのなろう系作品です。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • 悪役ヒロインという意外な転生先が面白い
  • 漫画化もされている人気作品
  • ハチャメチャなストーリーにハマる

公爵令嬢の嗜みの口コミ

 
こちらの話は転生ものの話で、悪役令嬢であったり、前世の記憶を元に起死回生を図ったりします。おなじみの手法なのですが、主人公の行政手腕が読んでいて爽快です!次々に新しい事業を起こし、自身の基盤を整えていく様子に惚れ惚れします。また、敵対していたヒロインやその取り巻きがしっかりと罰を受けるところも、あやふやに仲良くなるわけではないのでスッキリします。最後の結末には、主人公が好きな相手とどのように結ばれるのかが疑問でしたが、うまい落とし所で収まる所に収まったなと思いました。主人公だけでなく、その周りの仲間や主人公の母にも、それぞれのドラマがあり読んでいて飽きない作品です。

異世界はスマートフォンとともに

異世界はスマートフォンとともに出典元:amazon

「異世界はスマートフォンとともに」も2013年あたりから小説家になろうに掲載されるようになった人気作品の1つです。

現在も連載が続いており(2021年8月時点)、漫画やアニメ化されるほどの人気でシリーズ累計220万部を達成するほど。

「異世界はスマートフォンとともに」も転生ものになりますが、特徴的ななのが異世界でもスマートフォンを使用できるといった状態。

異世界で様々な人々と出会い、ちょっとしたハーレム的な話もあるなろう系作品です。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • SF系ラブコメ作品
  • アニメ化・漫画化された人気作
  • ハーレム系のなろう作品

異世界はスマートフォンとともにの口コミ

 
アニメ化もされましたが、異世界転生のハーレム的だが随所にSF的な内容のあるなろう作品です。外敵であるフレイズとの戦いぶりは、まさにロボットアニメさながらで読んでいても迫力を感じます。主人公冬夜のフレームギアというロボットが大活躍し、外敵フレイズと戦います。また、冬夜は世界各国との同盟を締結し、転生前の世界から持ち込んだスマートフォンの複製を作り、中世的な世界に新技術を持ち込みます。このようにSF要素満載で読んでいて飽きない所が単なるハーレムものとは違い、面白く引き込まれていきます。

元・世界1位のサブキャラ育成日記 ~廃プレイヤー、異世界を攻略中!~

元・世界1位のサブキャラ育成日記 ~廃プレイヤー、異世界を攻略中!~出典元:amazon

「元・世界1位のサブキャラ育成日記 ~廃プレイヤー、異世界を攻略中!~」はネトゲで世界ランキング1位を目指してた主人公が、あることをきっかけでゲーム世界へ転生されてしまうなろう系作品。

しかも転生した世界ではサブキャラクターになってしまうという、ちょっと悲しいスタートで物語がはじまる成り上がり的な要素も備えています。

漫画化などもされている人気作品ですので、「元・世界1位のサブキャラ育成日記 ~廃プレイヤー、異世界を攻略中!~」も一度は読んでおきたいなろう系作品です。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • ゲーム世界への転生モノ
  • 読みやすい章の構成
  • 王道ハーレム系のストーリー

元・世界1位のサブキャラ育成日記 ~廃プレイヤー、異世界を攻略中!~の口コミ

 
最近よくあるゲーム世界への転生系の無双ハーレム系ではあるが主人公の上を目指す姿勢や、なんだかんだで頑張っている相手助けていくスタンスに好感がもてる。強いばかりでなく底辺だった自身をの弱さを知り、周りを助けることで自分の弱さを克服していく少年漫画的な展開もあるが、自分が強くなるために突き抜けて極めていく熱さが見どころだと思う。全体の構成としても各章ごとの切り分けが良く、飽きずに一気に読むことができた。

今度は絶対に邪魔しませんっ!

今度は絶対に邪魔しませんっ!

「今度は絶対に邪魔しませんっ!」は異母妹への嫉妬に狂い罪を犯した令嬢ヴィオレットが、突然自らが罪を犯す前に戻ったところから罪をおかさないように生きていくなろう系作品。

罪をおかさないよう普通に過ごすようにしていく中、そうはいかないバタバタ劇が楽しい作品です。

作品が描かれる中で主人公であるヴァイオレットがどんな生き方をしてきたかなど、感情移入しやすい内容でついつい長時間読んでしますほどハマります。

またコミック化もされているので、漫画でも小説でも楽しめる作品です!

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • 王道な展開だけど読み応え抜群なストーリー
  • 主人公の行動が面白い
  • 漫画化もされている人気作品

今度は絶対に邪魔しませんっ!の口コミ

 
まだ連載中の小説ですが、登場人物たちのバックストーリーや心情の機微などがとても繊細に描かれており、読み応えのある作品です。異母妹への嫉妬から罪を犯してしまった美しき公爵令嬢ヴィオレットが、過去の時間軸に戻り、己の人生を振り返っていく、というありがちなストーリーなのですが、主人公のヴィオレットがただの我儘ないじめっ子ではなく、実の両親に冷遇され、周りからは勝手な理想像を押し付けられてきたことにより、自身の感情を押し殺して生きてきた、という抑圧された環境で育ってきた被害者という視線で描かれているのが、他の作品にはない面白みがあってよいと思いました。ヴィオレットがどうなっていくのか、展開が待ち遠しいです。

悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。〜ラスボスチートと王女の権威で救える人は救いたい〜

悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。〜ラスボスチートと王女の権威で救える人は救いたい〜

「悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。〜ラスボスチートと王女の権威で救える人は救いたい〜」は主人公がまさかの極悪非道なラスボスになってしまうという転生系なろう作品。

極悪非道なラスボスなのに主人公の頑張りによって周りの人々が主人公を信頼していくという、逆転劇が面白い作品です。

他にも主人公以外の目線で書かれたキャラクター毎のストーリーがあったり、読み応え抜群な小説でもあります。

作品自体もコミックされるほどの人気なので、一度は読んでおきたいなろう作品ですよ。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • 極悪非道のラスボスに転載した主人公が面白い
  • キャラクター毎の目線での話も多い
  • コミック化もされた人気作品

悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします。〜ラスボスチートと王女の権威で救える人は救いたい〜の口コミ

 
極悪非道のラスボスに転生した主人公…というところはよくある悪役令嬢系なのですが、主人公が断罪される未来を覚悟しているところや王女としての考え方や視点をもっているところが個人的に他の作品とは違っていて好きです。主人公の頑張りによって周りもどんどん主人公を信頼するようになります。それぞれのキャラクター目線のお話もあり、しっかり掘り下げられていることでより魅力的に感じましたし、この時の行動はこういう気持ちだったんだな…と感情移入することができ、感動したシーンがたくさんあります。元のラスボスキャラである主人公から受けるはずだった酷いことをそれぞれのキャラクターが夢でみる…というパターンが多いのですがなかなかに非道で、実際の主人公とのギャップにおどろきますし、今の主人公で良かったと改めて実感しました。仲間たちとの関係性も楽しめる素敵な作品です。

薬屋のひとりごと

薬屋のひとりごと出典元:amazon

「薬屋のひとりごと」は漫画化やノベライズ化された人気のなろう系作品の1つ。

架空の帝国を舞台に繰り広げられるミステリー・ファンタジー・ラブコメ要素強めで面白い作品となっています。

小説だけでなくコミックの方も人気が高く、2021年6月にはコミック累計発行部数が600万部となるほど。

この他にもアニメ化されて欲しい小説で第1位を獲得したこもあるほど、人気のなろう系作品ですので、一度は読んでおきたい小説です。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • 壮大なスケールで描かれたストーリー
  • 漫画化やノベライズ化された人気作
  • 身分違いの恋模様が面白い

薬屋のひとりごとの口コミ

 
サイト連載で人気に火がつき、複数作家による漫画化、ノベライズ化までされた作品。花街出身の薬師が、ひょんなことから帝の寵妃のお世話係に。後宮内で起こる数々の事件を解決したり、時には外国まで赴いて任務にあたったり。小説の中で描かれているとは思えないほどスケールの大きな話は、時間を忘れて没頭してしまうもの。どうやら高貴な身分を隠して主人公の近くに出没する宦官との、身分違いの恋が進展するのかどうかも見逃せないポイント。

召喚されし高校生『哲学者』がスマホゲーム世界を行く。~しかし本当にスマホゲームの世界なのか?

NO IMAGE

「召喚されし高校生『哲学者』がスマホゲーム世界を行く。~しかし本当にスマホゲームの世界なのか?」は漫画化やアニメ化こそされていませんが、注目のなろう系作品の1つです。

物語は普通の高校生である主人公が、クラスごと「とあるスマホゲームア世界」への召喚されるというもの。

しかもこの主人公クラスで唯一スマホを持っていないということで、チートもなしで異世界で戦っていくという中々鬼設定な内容なんです。

さらに職業が哲学者という戦闘に役に立たなそうな職業でスタートするトコトン残念な主人公…

しかしこの状態からの成り上がり劇が楽しい作品なので、一度読んで見ることをおすすめしたいなろう系作品です。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • 主人公のおかれた状態が面白い
  • これから更に人気になりそうな作品
  • クラスメイトとの駆け引きに引き込まれる

召喚されし高校生『哲学者』がスマホゲーム世界を行く。~しかし本当にスマホゲームの世界なのか?の口コミ

 
クラスメイト皆がやっていたスマホゲームの中に、クラスで唯一スマホ持っていなかったが故に事前説明も与えられるチートも無しに異世界にやって来てしまった少年の物語です。職業が哲学者ということですが、彼の置かれた状況もあってかなり懐疑的に見えますが、それこそ世界の真理を追い求めたかつての哲学を彷彿とさせるもので実に良いです。後に自前でチートを手に入れるものの元々のステータスが極端に低い上にレベルアップもスキルの影響で絶望的で、であるが故に他のクラスメイトと上手いこと役割分担が出来ていて読み応えがあります。

ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する

ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する出典元:amazon

「ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する」は漫画化もされている人気のなろう系作品の1つ。

タイトルの通り悪役霊場が自由気ままに生きていくストーリーなのですが、なんと20歳で命を落としては過去に戻るを7回も繰り返すというめちゃくちゃなストーリーです。

ただ読むにつれどんどんこの作品の魅力に引き込まれていくので、ついつい長い時間読んでいる作品です。

女性向けの作品ですが、男性が読んでも面白い内容になっているところも魅力です。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • まさかの転生が7回
  • バタバタな展開が面白い
  • 漫画化された人気作

ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫するの口コミ

 
転生ものは、前世の1回がほとんどのところ、本作品の主人公、侯爵令嬢リーシェは、20歳で命を落としては、過去に戻ることを繰り返して7回。最初は盛り込んだなぁという感じでした。しかし、過去の商人や騎士だった時の経験をもとに、様々な出来事を解決していくストーリーは楽しく、この後、過去にどんな経験をしたのか、それをどう活かすのかが楽しみです。皇太子アルノルトとの恋バナの進捗も気になります。最後は、アルノルトと幸せな日々を過ごすのだろうなと期待しています。

Monsters Evolve Online 〜生存の鍵は進化にあり~

Monsters Evolve Online 〜生存の鍵は進化にあり~

「Monsters Evolve Online 〜生存の鍵は進化にあり~」は一風変わったVRゲームを舞台にしたなろう系作品。

なんとモンスターを狩る側ではなく、モンスターになりきるといったちょっと変わったコンセプトが面白い小説です。

小説家になろうだけでなく、Kindleで自力の電子書籍版もあるところがこの作品のもうひとつの魅力です!

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • ゲーム系のなろう作品
  • 設定が非常に細かく書いてある
  • 提示版回が面白い

Monsters Evolve Online 〜生存の鍵は進化にあり~の口コミ

 
この作品は自分がこれまでに読んだVRゲームを題材にしたなろう小説の連載中の中で最もおもしろいため紹介します。この作品を読んでいて他の作品と違うと感じたところは、設定が非常に細かくなされているところてす。アイテムの効果やゲームならではのスキルの説明はもちろんのこと、地形や主人公以外の他のキャラのスキルやレベルといったものまであり、非常にに読み応えがあります。また、この作品ではゲームを題材にとしたなろう小説ではよくある掲示板回があります。それから非常に面白いのでおすすめてす。

戦国小町苦労譚

戦国小町苦労譚出典元:amazon

「戦国小町苦労譚」は農業高校に通っている女子高生が突如戦国時代にタイムスリップするという物語。

なろう系で多い転生モノではなく、過去にタイムスリップするという王道な展開ですが、女子高生が信長の家臣となりドタバタ劇を繰り広げていくのが面白い作品です。

また漫画化されているので、小説だけじゃなく女子高生のイラストや世界観をより感じやすくなったので、小説+漫画両方を読むのもありです。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • 農業高校女子高生が戦国時代で大暴れ
  • 漫画化もされている人気ぶり
  • 時代ギャップの演出が面白い

戦国小町苦労譚の口コミ

 
女子高生が戦国時代にタイムスリップして信長の家臣となり周囲を巻き込みながら成長していく物語です。学校の帰り道で突然戦国時代にタイムスリップして物語は始まります。悪党に襲われたところを信長に助けられて命を懸けて家来になる所はハラハラドキドキします。女性が生きずらい戦国時代を才覚と現在の知識で乗り切っていく所が痛快です。戦闘シーンもありますが新規の作戦で負け知らずで生き抜いていきます。時代背景は歪んで行きますが信長とどのように時代を変えていくか楽しみなお話です。更新に1か月掛かるるので待ちきれません。

神霊術少女チェルニ

NO IMAGE

「神霊術少女チェルニ」は漫画化やアニメ化はされていませんが、おすすめしたい作品の1つです。

チェルニという少女が主人公がとあるきっかけで王国騎士団長のネイラと知り合うことで、チェルニ自身の将来やこれから起きる事件に巻き込まれていく内容です。

最近のなろう系作品の中では珍しく転生モノではなく王道な小説を楽しめるのも「神霊術少女チェルニ」の特徴。

小説意外にもアニメ化や漫画化などされて欲しい作品です。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • ファンタジー作品の小説
  • チェルニに共感してしまう面白さ
  • 男性より女性向けの小説

神霊術少女チェルニの口コミ

 
ルーラ王国のキュレルという街に住む、チェルニという少女が主人公の小説です。ルーラ王国は神霊術という不思議な力を国民の殆どが持っています。神霊術はルーラ王国の国民しか使えず、他国では魔術が使用されています。そんなルーラ王国に住むチェルニという少女が、とある事件をキッカケに知り合った、王国騎士団長であり、神霊の使い手の頂点に立つ存在である、ネイラ様との交流を機に、自分の将来を決めたり、更なる事件に巻き込まれたりしていくお話です。チェルニはありとあらゆる術を使いこなす、自他共に認める神霊術の天才です。それでも驕ることのない姿勢には好感が持てます。神様との敬い敬われる関係性が細かく書かれているのも好きなポイントです。チェルニがこの先どんな道を選んでいくのか、連載を楽しみに待っている作品の一つです。

異世界迷宮の最深部を目指そう

異世界迷宮の最深部を目指そう出典元:amazon

「異世界迷宮の最深部を目指そう」は2012年から小説家になろうに掲載された、長期連載の作品です。

残念ながら2021年5月に完結してしまいましたが、その面白さはライトノベル化されるほど。

またWebコミックサイトにてコミック化もされているので、その人気は間違いないものですね。

チート能力系の主人公と怒涛の展開が面白い「異世界迷宮の最深部を目指そう」なので、まだ読んだことがない人は是非1度読んでみることをおすすめしたいなろう系作品です。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • チート能力が盛り沢山な主人公
  • ライトノベル化された人気作
  • 読者を驚かせる怒涛な展開

異世界迷宮の最深部を目指そうの口コミ

 
主人公のアイカワカナミはチート能力がたくさんあってとにかく強い!仲間になるのも美少女ばかりでよくあるハーレムの異世界転生モノ…と思わせておいて、ストーリーが展開していくにつれて最初は思いもよらなかった意外な方向に話が進みます。想像しながら読んでいても「そうなるんだ!?」と驚かされますが急なものではなく勿論その結果に至る伏線がしっかりあり、違和感なく物語が作り込まれているのが分かります。キャラクターひとりひとりの個性もありアニメでよくいる所謂良い子という感じのキャラが少ない気がします。ハーレムが好きな人…というよりはヤンデレヒロインが好きな人にもおすすめ出来ます。

とんでもスキルで異世界放浪メシ

とんでもスキルで異世界放浪メ出典元:amazon

「とんでもスキルで異世界放浪メシ」は2016年1月から小説家になろうに掲載されている人気作品。

物語は異世界転移の話ですが、「ネットスーパー」を題材にしているちょっと変わったストーリーが読んでいて面白いです。

ライトノベル化もされており、2021年5月にはシリーズ累計発行部数が350万部を達成するなど、その人気は今も衰えてないなろう系作品。

ドロドロした話が苦手な人でも読めるフランクな内容なところも魅力です。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • ネットスーパーを題材にしていて面白い
  • フランクな内容で読みやすい
  • 漫画化もされている人気作品

とんでもスキルで異世界放浪メシの口コミ

 
最近流行りの異世界転移ものだが、主人公は巻き込まれた異世界人になっており、ステータスは並みだが固有スキルの「ネットスーパー」でほぼ最強無双してしまっているところが面白い。ネットスーパーはその名の通りネットで食品や調理器具などを取り寄せられるスキルで、あまり文明の進んでいない異世界では特に現代の調味料で味付けされたものがとてもおいしいと喜ばれ、フェンリルや特殊個体のスライムやドラゴンはもとより、神様までとんとん拍子に味方につけてしまうところが小気味よい。最難関のダンジョンなども仲間になった従魔まかせで次々と踏破し、本人の自覚なしに高ランク冒険者になっていくので、どろどろした陰謀物が苦手な私でも爽快にサクサク読めました。

日韓大戦

NO IMAGE

「日韓大戦」は今回紹介する「小説家になろう」の中ではかなりテイストが離れたジャンルの作品になります。

タイトルの通り、戦争をテーマをした作品なのですが、日本側だけじゃなく韓国側の視点で書かれている部分もあったりと、色んな角度から作品を楽しむことができます。

またところどころリアルな感じにも思える部分もあるので、なかなか読み応えがある作品です。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • なろう系ではあまりないジャンル
  • リアルな話に読み込まれる
  • 続・日韓大戦も掲載

日韓大戦の口コミ

 
統一された半島国家「高麗連邦」が日本に侵略してくると言う物語ですが、それに対応する自衛官達がいかにどう立ち向かうかが描かれていますが、敵である高麗軍の兵士側の視点で描いた描写もあってドラマ性を感じました。リアルだったと思うのが街の様子を隅々と丁寧に描いていたり、人間関係も詳しく描写されていて完全にのめり込まれてしまいました。この作品はリアルさだけでなく主役と敵役を平等にして描いているため読み応えは相当抜群です!

魔導具師ダリヤはうつむかない

魔導具師ダリヤはうつむかない出典元:amazon

「魔導具師ダリヤはうつむかない」は2019年に漫画された人気のなろう系作品。

漫画化のみですが、いずれはアニメ化されてもおかしくないほどストーリーが面白い小説です。

「魔導具師ダリヤはうつむかない」が面白いのは、これでもかというほどなろう要素が盛り沢山に詰まっているところです。

これほど面白い作品が無量でよめるので、一度も読んだことがない人は一度読んでみることをおすすめします。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • 漫画化された人気作品
  • なろう系をよく理解できる
  • ファンタジー系の小説

魔導具師ダリヤはうつむかないの口コミ

 
タイトルを見て、あらすじを読んで、いわゆる「ざまぁ」系かと思いきや主人公のヒューマンストーリー(グルメ成分多)で本当によく考えられた物語で、まだ完結してないのに何度も読み返してしまいます。本当に「異世界転生」「美形ヒーロー」「貴族」「魔法」「婚約破棄」というこれでもかとなろう系っぽいキーワードが入っているのにもかかわらず、独特のいやらしさがなく素直に楽しいと思えます。正直「異世界転生」のキーワードがなかったら普通に他のレーベルからファンタジー小説として有料で販売されていても違和感がありません。本当におすすめです。

聖女の魔力は万能です

聖女の魔力は万能です<出典元:amazon

「聖女の魔力は万能です」は漫画化もされており、最近までアニメ化(2021年4月〜6月)もされていた人気作品。

ストーリーは定番の異世界移転ものですが、そこに更に主人公がチートというなろう系ならではの設定。

ただちょっと違うのが異世界に召喚された時に一緒に召喚された子が聖女と扱われ、本物の聖女がおざなりにされるところ。

中々クセのあるストーリーにハマる作品ですよ。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • チートものの物語
  • ざまぁされる系のストーリー
  • 異世界移転もの

聖女の魔力は万能ですの口コミ

 
最近では定番になった異世界移転、主人公チートの物語です。異世界に召喚されたものの、一緒に召喚された子が聖女として扱われ、本物の聖女である自分はおざなりにされる。「なろう」の展開としては聖女の扱われたほうが逆ハーレムを形成して傲慢になり、結局ざまぁされるというのが多いのですが、この作品ではおざなりにされた聖はチートを使ってざまぁを目指すわけでもなく、聖女として扱われた愛良もざまぁされるような悪女でもなく、それぞれが自分のできることを見つけていき、環境を作り上げていく様子が描かれています。いまだ連載中の作品ですが、先の展開をワクワクしながら更新を待てる作品です。

私の幸せな結婚

私の幸せな結婚

「私の幸せな結婚」は主人公であるヒロイン美世が実家で酷くいじめられているところ、婚約者の清霞と出会い、美世の人生が大きく変わっていくという感動系なろう作品。

小説家になろうでおすすめの作品ではあるのですが、なんと現在は小説家になろうで読むことができないある意味幻となった作品でもあります…

ただコミック化もされており、現在はカクヨムで読むことができるので気になった人はコミックかカクヨムで読んでみて下さい。

カクヨムページへ

おすすめポイント
  • 家庭内のいじめをテーマにした作品
  • 運命の男性との出会いで変わる世界観が良い
  • コミック化もされている人気作品

私の幸せな結婚の口コミ

 
ヒロイン美世が、実家で、酷くいじめられいたけど、婚約者の清霞と出会い、美世の人生が大きく変わった所が、素晴らしかったです。美世が清霞一筋な所が、可愛かったです。清霞が、美世を守る所が、たくましかったです。出てくる清霞の使用人ゆり江と姉葉月がいい人で良かったでした。美世が実の父親と継母そして、異母妹にいじめられたところが、可愛そうに見えます。美世が清霞に、贈り物を作る所が、とても素晴らしかったです。

『Curse Nightmare Party』-邪眼妖精が征くVRMMO

NO IMAGE

「『Curse Nightmare Party』-邪眼妖精が征くVRMMO」はダークファンタジー系のゲームを舞台とした小説。

異型の化け物と呼ばれる魔物がいる世界で女子大学生が周りの人を混乱と恐怖に陥れるといった中々ダークな展開が面白い作品です。

現在は完結していますが、全1,000話を超える膨大なボリュームなので、読みごたえもあるなろう系作品です。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • ダークファンタジーな世界観
  • 女子大学生が恐ろしい
  • 全1,000話とボリュームも多い

『Curse Nightmare Party』-邪眼妖精が征くVRMMOの口コミ

 
異形の姿になり、戦うVRMMOである『Curse Nightmare Party』を始めた女子大学生が、周りの人を混乱と恐怖に陥れる物語です。主人公は、所謂先駆者となって様々な敵と戦い、自身を強化するのですが、その過程を主人公自ら、あるいは周りの人が掲示板に載せ、主人公が戦っている敵や、主人公の強化のされ具合に阿鼻叫喚している掲示板回が非常に面白く、一話見るごとに掲示板回はまだかと楽しみにしていました。

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~出典元:amazon

「ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~」はコミック化された人気のなろう系作品の1つです。

物語は処刑されてしまった主人がどうして死んでしまったかを8年前に戻って原因を探るというストーリー。

ただこの主人公がちょっとクセのあるキャラで、ストーリーが進んでいくにつれ色々起きるギャップ展開が楽しい作品になっています。

コミックでも連載しているので、小説とコミック両方でそれぞれ楽しめる作品になっています。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • コミック化もされた人気作
  • ギャップが面白い作品
  • 主人公の我儘ぶりが面白い

ティアムーン帝国物語~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~の口コミ

 
我儘の限りを尽くした結果、民衆に革命を起こされ、処刑されてしまった帝国の姫である主人公。そんな彼女がなぜか死んだ次の瞬間には8年前に戻っていて…というところから始まるストーリー。次こそは処刑を回避するべく頑張る主人公が、未来の知識を元に頑張っていたら、いつしか帝国の叡智として崇められている、というギャップが面白い作品です。主人公は一応自分の行いを反省はしたものの、根本的に自分ファーストなところは変わっていないのに、周囲の勘違いによってまるで女神のような女性と崇められていく勘違いとギャップがさらに面白いです。

婚約を破棄された悪役令嬢は荒野に生きる。

NO IMAGE

「婚約を破棄された悪役令嬢は荒野に生きる。」は婚約破棄を言い渡されたコニーが領土して生きていくドタバタ劇が魅力のなろう作品。

とにかくドタバタな内容で進んでいく物語なのですが、要所要所はしっかりとした話やちょっと残酷な内容があったりと展開にハマる内容です。

小説だけでなく最近は漫画アプリcomicoにて漫画版の連載も開始したので、これから更に人気になりそうななろう系作品です。

小説家になろうページへ

おすすめポイント
  • 婚約をめぐるドタバタ劇が面白い
  • 聖女と王子様がアホ過ぎる展開にハマる
  • 漫画アプリcomicoで漫画連載もスタート

婚約を破棄された悪役令嬢は荒野に生きる。の口コミ

 
性に奔放な聖女に婚約者である王子を奪われ婚約破棄される悪役令嬢の定番の物語なのですが、とにかく聖女と王子様がアホ過ぎて終始イライラしてしまうのですが、悪役令嬢で主人公であるコニーの周りの人達が正常なのが唯一の救いです。王子と聖女が自分たちの恋愛に現を抜かしている間に、コニー達の領地の開拓や、魔物との交戦が手に汗握る物語です。終盤は王子と聖女にはしっかり天罰が訪れるのですが、それがまたなかなかに残酷なのも良いです。聖女たちの決して生ぬるくない天罰は見ものです。

なろう系とは?

なろう系とは?

もしかしてこの記事を見に来てくださった方が「なろう」という意味を知りたくて、検索したって人もいるかと思い、「なろう」とはどういう意味か説明します。

「なろう系」とは「小説家になろうに掲載されている作品」のことをいいます。

「小説家になろう」= 「なろう系」

っと、略された言葉になっていますね。(検索する時に長いフレーズはだいたい略されますよね)

ほかにも「なろう系作家」や「なろう系原作のアニメ」という言葉もありますが、ここでいう「なろう系」は「小説家になろう」の略語と解釈しております。

まとめ

今回は「小説家になろう」で掲載されている作品の中から、おすすめの作品を紹介しました。

「小説家になろう」の載っている作品は無料で読めるので、いつでも気軽に読めるのが魅力です。

またそこから漫画化されたり、アニメ化・書籍化されたりと幅広い展開もしているので、色んな楽しみ方ができるのもなろう系の面白さかと思います。

これからも色んな作品が登場してきますので、人気になりそうなもの、これは面白いと思った作品を随時更新していきますので、参考にしてみて下さいね。

合わせて読みたい

定額料金さえ払えば好きなだけそのサービスを利用できる手軽さが魅力の「サブスク」 今ではマンガ本もサブスクサービスをしている企業が沢山増え、色んな漫画サブスクが登場するようになりました。 そうなると疑問になるのが、「どこの漫画サブスクが一[…]

月額利用料金が1番安い!!「漫画サブスク」おすすめランキング