【2022年】おすすめの「おせち」ランキング!

  • 6月 17, 2021
  • 9月 7, 2021
  • グルメ
  • 2043view

毎年お正月には家族や親戚と集まって食べる「おせち」。

数多くの具材が入っていて食べる楽しみが多い正月料理ですが、こんな悩みを感じたことはありませんか??

  • 販売しているお店が多すぎてどこで買えばいいか分からない
  • 値段を少しでも安く見た目豪華なものを探したい
  • ネット通販ってどうなの??

などなど…

最近はおせちの中身も変わってきたこともあり、更にどこで買えばいいのか悩むようになりました。

そこで!!この記事では値段にこだわりつつも豪華でネット通販から買える、コスパ最高なおすすめ「おせち」をランキング形式でご紹介!

毎年のおせち悩みを解消したい人は是非参考にしてみて下さい。

目次

2022年おすすめの「おせち」ランキング

おすすめの「おせち」ランキング

それでは早速2022年の正月悩みを解消するため、ネット通販で買えるおすすめ「おせち」をご紹介していきます。

ランキングのポイントは「豪華さ・値段・口コミ評価」を元に設定しています。

幅広い具材が入ったコスパ最高なものを重点的に紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

博多久松 和洋折衷本格料亭おせち『博多』

博多久松のおせちといえば、おせち通販といえば同じのお店として有名な福岡の老舗店です。

39年間おせちを作り続けている実績や楽天グルメ大賞を14回も受賞したなど、数々の実績があるのでまず選んで間違いなしなおせちです。

その理由の1つが圧倒的なコスパ!

博多久松のおせちは色んな種類があるのですが、今回ご紹介する「和洋折衷本格料亭おせち『博多』」は4〜5人前のおせちで、なんと品数が46品も入っています。

しかもこの46品のバリエーションがほんとに豪華なんです。3段重のおせちでおせちには必ず入っている定番の食材からオマールエビグラタンなどの変わり種など、豪華な食材が入っています。

これだけ豪華なおせちを15,800円(税込)で購入することができるのは、コスパ最高なおせちとしか言いようがありません。

おすすめポイント
  • 全46品も入った豪華3段重
  • この内容で15,800円はコスパ最高
  • 楽天グルメ大賞14回受賞
  • 「中国産主原料」不使用
  • 博多雑煮だしも無料プレゼント
値段 15,800円(税込)
送料 無料
内容量 4〜5人前(3段重)
配送方法 冷凍便
配送目安 12月28・29・30・31日から選択可能
販売会社 有限会社 久松

公式サイトはこちら

板前魂の朱雀

コスパ重視でおせちを選びたい人におすすめなのが、「板前魂の朱雀」というおせち。

こちらのおせちは全44品の豪華3段重(5人前)と圧倒的なボリュームなのに、15,280円(税込)というコスパ最高なおせちなんです。

具材も和洋中全てそれぞれの段に入っているので、分かりやすいのも特徴的。

またおせちが苦手な人やお子様でも食べやすい食材が多く入っているので、家族や親戚が集まって食べるのに最適なおせちとなっています。

更に今年はおせちを注文するとアワビが1個無量で付いてくるという豪華なキャンペーンもやっているので、コスパ重視で選ぶなら「板前魂の朱雀」がおすすめです。

おすすめポイント
  • 全44品入りのバラエティ豊富な3段重
  • 15,280円で5人前というコスパ最高
  • 福良鮑も1個無料で貰える
  • 配送日が翌年も指定可能
  • 総重量4キロのおせち
値段 15,280円(税込)
送料 無料
内容量 5人前(3段重)
配送方法 冷凍便
配送目安 12月28・29・30・31日/1月1・2日から選択可能
販売会社 株式会社ナカノモードエンタープライズ

公式サイトはこちら

京菜味のむら京のおせち料理2022「八坂(やさか)」

続いておすすめしたいおせちが老舗おせちメーカーノムラフーズさんが監修した「八坂(やさか)」というおせち。

内容量が2〜3人前と今回紹介しているおせちの中では、ボリュームが小さいので、家族向けというより夫婦やカップルなど2人ぐらいで食べるのおすすめなサイズです。

値段も10,300円(税込)とお買い得な価格なのですが、中に入っている食材が豪華なのが「八坂(やさか)」の魅力。

和にこだわった食材になっているので、純粋におせちの美味しさを楽しめます。

あわび旨煮・甘鯛西京焼き・合鴨ロースなど豪華なおせちとなっていますよ。

おすすめポイント
  • 10月15日まで10,300円
  • お重の見た目が映える
  • 1万円なのに豪華な食材が多い
  • 和に特化したおせち具材
  • 夫婦2人やカップル向けのおせち
値段 10,300円(税込)
送料 無料
内容量 2〜3人前(3段重)
配送方法 冷凍便
配送目安 12月30日のみ
販売会社 株式会社ノムラフーズ

公式サイトはこちら

三段重おせち「吉祥」 3〜4人前

和洋中全ての料理が入った11,111円とコスパが非常に良い三段おせち。

品目も55品とこの値段ではかなり多い品数なので、食べ超えも抜群です。

それなのに鯛の塩焼きやアワビなどの豪華食材からロールケーキなどのデザートまでと、定番のおせち料理以外にも色んな料理が食べれるのでおすすめです。

おすすめポイント
  • 値段が安いのに55品目も入ったコスパの良さ
  • 和洋中全てが入っている
  • 鯛塩焼きや鮑も入ってます
  • ロールケーキなどのデザート系も入ってる
  • 年末ジャンボやビール缶が当たるチャンスも
値段 11,111円
送料 無料
内容量 3〜4人前(3段重)
配送方法 冷凍便
配送可能日 12月30・31日/1月1日
販売会社 まるきん寿

公式サイトはこちら

高級洋風おせち「ハーモニー」 4〜5人前

高級洋風おせち「ハーモニー」はその名の通り、オマール海老のソテーや和牛のローストビーフ、フォアグラのパテ、ズワイガニのグラタンなど、豪華過ぎる料理が入った洋風おせち。

純粋なおせちとは料理が全然違いますが、全20品全てが食べ超え抜群でどれも美味しいので、おすすめです。

これだけ豪華な料理があるのに24,800円は正直安いと思いますので、2022年は洋風おせちにしたいと思っている人は高級洋風おせち「ハーモニー」がおすすめです!

おすすめポイント
  • 豪華洋風おせち
  • カニ・エビなど豪華な海の食材も豊富
  • ちょっと変わったおせちを食べたい人におすすめ
  • 全てが贅沢な20品目
  • 食べ超え抜群
値段 24,800円
送料 無料
内容量 4〜5人前(2段重)
配送方法 冷凍便
配送可能日 12月28・29・30・31日
販売会社 越前かに問屋ますよ

公式サイトはこちら

板前魂の花籠 おせち 和洋風 三段重 3人前

山形県に店舗を構える完全予約制の旬菜割烹料理店のおせち。

圧倒的なコスパを誇る板前魂さんのおせち。

3人前(三段重)が1万円以内で買える安さだけでも驚きですが、中身のボリュームも33品目とたっぷり入っています。

和と洋の両方を楽しむことができ、具材もお子様が食べやすい食材を多く使っているのも魅力です。

冷凍おせちなので、解凍しなければ半月ほど期限がもつので、30日着にしても安心です。

解凍は冷蔵庫で約24~36時間(目安)ほどなので、食べる前に忘れないようにしましょう。

おすすめポイント
  • 1万円以内で買える圧倒的コスパ
  • 彩り鮮やかな33品目の具材
  • お子様でも食べやすい具材が多い
  • 冷凍の状態なら半月程度持つ
  • 冷凍おせちの常識を覆すクオリティ
値段 9,480円
送料 無料
内容量 3人前(3段重)
配送方法 冷凍
配送目安 12月30日or31日
販売会社 おせち料理専門店 板前魂本店

公式サイトはこちら

京都「祇おん 江口」監修 祝(プレミアム三段重) 3人前〜4人前

京都の「祇おん 江口」さんが監修した見た目も中身も豪華過ぎるおせち。

ローストビーフや鮑、京鴨スモークといった豪華食材を含めた全50品が税込み19,800円で食べれるコスパ最高なおせちです。

冷蔵便のみの配送のため、12月31日だけの配送になります。

また北海道・東北・九州・沖縄・離島などは注文不可なので、食べれる地域が限定される限定おせちでもあります。(食べれる地域の人はお得です)

おすすめポイント
  • 京料理満載の豪華なおせち
  • 冷蔵便なので12月31日のみの配送
  • ローストビーフや京鴨スモークなど豪華食材が盛り沢山
  • このクオリティで2万円はオトク
  • 配達地域限定のおせち
値段 19,800円
送料 無料
内容量 3〜4人前(3段重)
配送方法 冷蔵便
配送目安 12月31日のみ
お届け不可地域 北海道・東北・九州・沖縄・離島
販売会社 株式会社錦堂

公式サイトはこちら

割烹料亭千賀監修「千富士」 和風三段重

全71品目・特大サイズが魅力の「割烹料亭千賀監修「千富士」 和風三段重」

そのサイズは10.5寸と中々お目にかからないサイズのおせちなので、大人数で食べるのに最適なおせちです。(値段も安いので)

おせちの中身も定番の料理からちょっと変わった料理など幅広い料理が入っているので、食べていて楽しいおせちとなっています。

「量・値段・味」どれをとってもコスパ最高なおせちでおすすめです。

おすすめポイント
  • 超特大10.5寸のおせち
  • 全71品目と食べ超え抜群
  • 大人数で食べるおせちとしてコスパ最高
  • 50年の歴史を誇る老舗料理店のおせち
  • 保存料・中国産一切不使用
値段 26,500円
送料 無料
内容量 6〜7人前(3段重)
配送方法 冷蔵便
配送可能日 12月30・31日
販売会社 おもてなし参道

公式サイトはこちら

3段重「SAKURA サクラ」5〜7人前

「SAKURA サクラ」は72種類全てが洋風料理になっているビストロおせち。

黒毛和牛のローストビーフや牛ホホ肉のデミグラスソース煮込み、合鴨のローストといった豪華な洋風メニューが盛り沢山に入っています。

どの料理もワインに合うものばかりなので、いつもの正月とはかなり違った楽しみ方ができるおせちです。

また10月1日までは2,000円オフの25,800円で購入できる早期割も実施しているので、早めの購入だと安く買えるのでおすすめですよ。

おすすめポイント
  • ワインに合う料理が盛り沢山
  • いつもと違うおせちを頼みたい人におすすめ
  • 豪華絢爛な洋風おせち
  • 10月1日までの早割価格
  • 72種類の洋風料理を堪能できる
値段 25,800円
送料 無料
内容量 5〜7人前(3段重)
配送方法 冷凍便
配送可能日 12月29・30・31日
販売会社 株式会社フレームワーク

公式サイトはこちら

「肉のいとう」お肉博士監修!A5ランク仙台牛と牛たんの味比べ2段重 3人前〜4人前

こちらのおせちは今回紹介するおせちの中ではかなりテイストが違うおせちとなっています。

まずおせちの定番料理が全て入っておらず、入っているのは全て肉料理のみ。

そのため、普通のおせちに飽きた人や正月もお肉を食べたい人に最高なおせちとなっています。

入っているお肉もA5ランク仙台牛や牛タン、サイコロステーキや特上カルビなど豪華過ぎる内容なので、おすすめです。

おすすめポイント
  • 全てが肉尽くしのおせち
  • A5ランク仙台牛や牛タンなども入ってます
  • いつもと違うおせちを食べたい人におすすめ
  • 肉付きにはたまらないおせち
  • 必ずご飯が欲しくなります
値段 26,500円
送料 無料
内容量 3〜4人前(2段重)
配送方法 冷凍便
配送可能日 12月30日
配送不可地域 沖縄・離島
販売会社 株式会社錦堂

公式サイトはこちら

おせちの予約はいつからやってる?

年末年始に食べるおせちですが、いつぐらいから予約を始めているのか調べてみました!

ネット通販専門店 8月中旬頃(お盆明けぐらい)
大手百貨店 9月頃
コンビニ 9月頃
スーパーなど 10月頃

おせちの予約は意外と早くから受け付けているところが多いですね。

ネット通販だと8月中頃、実店舗系だと9月、10月から予約を開始されているところが多いので、9月から来年のおせちについて考え始めると色んなお店を比べられる余裕があります。

とはいえ流石にこんな早くから予約するのってどうなの?って思ったりしませんか。

実はおせちを早く予約するのにはメリットがあります!

早期予約のメリット
  • 安く買える
  • 人気店のおせちを確実にゲットできる

主なメリットはこの2つです。それではそれぞれどういうことか説明していきます。

安く買える

まず安く買えるのは、よくある〇〇%オフといったやつですね。

これは12月より早ければ早いほど割引率を高くしているお店もあるので、この店のおせちに予め決めている人はその店で早期割引があれば利用するとお得に買えます。

値段の安さにこだわりたい人なら、早めにおせちのサイトを見て、どこのおせちが割引が高いかを比較するといいですよ。

人気店のおせちを確実にゲットできる

これは早期予約ならではの現象ですね。

人気店のおせちはすぐに予約完売になっていることが多いので、この店のおせちを食べたい!っと思っているなら、予約開始と同時に予約するとゲットできる可能性が高くなります。

おせちの歴史について

おせちの歴史について

正月になると食卓に並ぶおせち。今では、日本の正月に欠かせない料理になっていますが、皆様は正月におせちを食べる理由を知っていますか?

最近では伝統的なおせち料理ではなく、洋風のおせちや中華風のおせちなど和洋折衷のものが増え、さまざまなおせち料理が出来上がっています。いろんなおせち料理も美味しいですが、昔からある伝統的なおせち料理は正月に食べるだけでなく、重箱や、食材にも大切な理由が込められています。

おせち料理の意味を知って、今まで以上におせち料理を美味しくいただきましょう。

「おせち」を食べるようになった意味は?

おせちは漢字で「御節」。このようになったのは平安や奈良時代だといわれています。

おせちの「節」は中国の「節句」からきています。

節句とは、代古中国の陰陽五行説から由来し、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日のことをいいます。

節句は、「節供」や「節日」ともいわれていました。

この時代には「節会(せちえ)」と呼ばれる、宮廷で節日に天皇の元に群臣を集めて行われた公式行事を行っており、この時に出される「御節供(おせちく)料理」を神様へのお供物としてお出ししていました。

江戸時代になると、人日(1月7日)・上巳(3月3日)・端午(5月5日)・七夕(7月7日)・重陽(9月9日)を「五節句」として公式な式日と定めました。

江戸時代後期になると五節句が庶民の間でも広がるようになり、五節句の日にはいつもよりも豪華な料理でお祝いするようになりました。ここから、新年の節句が1年の中で1番大切な日ということで正月料理のみを「おせち」と呼ぶようになったと伝えられています。

おせち料理について

おせち料理は酢の物や煮物、焼き物がメインで作られていて、生物は使用されていません。

これは、神様をお迎えする時期に炊事場で慌ただしくしてはいけない・正月は女性にゆっくりしてほしいなど理由があり、大晦日のうちに保存の効く食材を重箱に詰めておくことで、正月に女性が台所に立って働くことがないようにするためです。

そしておせちの重箱には「福を重ねる」「めでたさが重ねる」などの意味があり、段数を奇数にするとより縁起が良いとされています。

また、おせちの際に使うお箸にも意味が込められていて、この時に使うお箸を「祝い箸」といい、両端が細くなっていてどちらからも食べられるようになっています。これは、片方の端からは神様が、もう片方から自分から食べることで神様と一緒に食べれるようになっています。

おせちは「祝いの肴」が重要

おせちは「祝いの肴」が重要

特にお正月のおせちの中でも欠かせないのが祝いの肴です。

主に関東地方では、「田作り、黒豆、数の子」の三つとお餅でお正月を迎えることができるとされています。

この三つを称して「祝いの肴三種」とも言われたりします。

これらをお重に入れるときは一番上の段に詰めて新年を迎えます。

地域によってどの具材を祝い肴とするかはバラバラで、関西では田作りや黒豆の代わりにたたきごぼうを祝い肴とする地域もあります。

おせちの良いところはこのような文化や地域だけでなく家庭によっても様々な形式のおせちが楽しめるところです。

重の段数や中身について

重の段数や中身について

おせちには様々な具材を詰めるお重の段数もそれぞれに意味があります。

重箱の一の重には、黒豆やかずのこなどの祝い肴に分類される料理が入っています。

黒豆はまめで健康であるように。かずのこは親のニシンが二親健在であることから、子孫繁栄を願うという意味があります。

地域によってはたたきゴボウや、ごまめという片口鰯を生のまま干したものを入れることもあります。

二の重は伊達巻などの甘い料理が口取りとして入っています。伊達巻は巻物であることから文化を表し、文化の発展を願うものとして使用されています。

重箱が四段重の場合、祝い肴の一の重に口取り料理が入っていることがあるそうです。

三の重は海の幸や川の幸が主な料理で入っています。

主に入っているものとして、伊勢海老は腰の曲がった姿から長寿を願うもの。昆布巻きは喜ぶと昆布の言葉をかけた縁起物。紅白なますは紅白の水引をなぞらえた縁起物として使用されています。

また三の重に、焼き物や酢の物が入ることもあるそうです。

与の重は煮しめなどの田畑でとれた食材が入っています。

主に入っているものとして、クワイは芽が出るようにとの縁起物で。レンコンは穴が空いていることから、先の見通しがよいように願いを込めて。里芋は、小さな芋がたくさん着くことから子宝を願って入れています。

重箱が五段重の場合、五の重には主に食材ではなく願いを込めるものとされています。この五の重ですが、詰められなかった食材を入れるための控えの重だったり、陰陽思想の陽数の役割をもつ、奇数を尊ぶという意味もあります。

また本来は五段が主流でしたが民衆の間で広まっていくうちに四段や三段など、どんどん簡略化され今では、一段のおせちも売られています。

おせちに入っている具材の意味を知っていますか?

おせちに入っている具材の意味を知っていますか?

おせちは地域や家庭によって、さまざまな種類があり、中身に入っている具材も一般的には20~30種類の具材があるといわれています。

ただどうしてこの具材達が選ばれているのか気になったりしませんか?

おせちという祝い膳になぜこれらの具材が入っているのか、それぞれの意味について紹介していきます。

黒豆

黒豆

黒豆は健康丈夫に過ごせるように祈られていて、わざとしわができるほど煮てしわができるほど長生きできるようにと祈られています。

数の子

数の子

数の子は多くの卵がついていることから子宝、子孫繁栄を祈って食べられています。

田作り

田作り

田作りは昔、田んぼの肥料としていわしを細かく刻んだものを灰に混ぜて使用していたことから、農作物の豊富を願う意味があります。

たたきごぼう

たたきごぼう

ごぼうは土の中に強く根を張ることから家族の土台が安定すること、家業が土地に根付き繫栄することを願って食べられています。

紅白かまぼこ

紅白かまぼこ

紅白かまぼこは日の出と形が似ていることから新年にふさわしい食べ物とされています。また、先ほどのエビと同様に紅白の紅の部分からは魔除けや喜びの意味があり、白い部分からは神聖さが表されています。

伊達巻き

伊達巻き

伊達巻は洒落た、見栄えが良いなどの意味があり、巻物に似ていることから学問の成就や文化繁栄の意味があります。

栗きんとん

栗きんとん

栗きんとんは「きんとん」という字を漢字にすると「金団」となることから金銀財宝を連想させ金運があがるといわれています。

昆布巻き

昆布巻き

昆布巻きは昆布の当て字として「子生」ととられるため子宝を願われています。

お多福豆

お多福豆

お多福豆はその名の通りたくさんの福を呼んできてくれるとされています。

ちょろぎ

ちょろぎ

ちょろぎはおせちによっていは入っていないこともありますが、ちょろぎを漢字で書くと「長老木」とその名から長寿を願われています。

たこ

たこ

たこは日本の地域によって酢だこで入っていたり、うま煮になっていたりと多少違いはありますが、意味は「多幸(たこう)」から「一年間幸せで入られますように」といわれています。

鯛の姿焼き

鯛の姿焼き

鯛はめでたいという言葉から来ていて様々なことがうまくいくようにという祈りの意味が含まれています。

ぶりの照り焼き

ぶりの照り焼き

ぶりは出世魚といわれていることから、自立して出世することが願われています。

海老

海老

エビは容姿が背が曲がっていることから腰が曲がるまで長生きできるように願って食べられています。また、身が奇麗な赤色で美しいことから魔除けや縁起物としても知られています。

煮蛤

煮蛤

煮蛤は2つの貝がぴったり合うことから、夫婦円満の願いといわれています。

筑前煮

筑前煮

筑前煮は家庭によって入っているものが違いますが、様々な具材が入っていることから家族がみな仲良く結ばれることを意味しています。また、筑前煮に入れられる具材は縁起物の中から選ばれる場合が多いです。

れんこん

れんこん

レンコンはもともと蓮の花から来ていて、極楽浄土では池に蓮の花が咲くことから、穢れのないことを表しています。また、穴が開いていることから一年を見通しの良い年になるように祈る意味を持っています。

くわい

くわい

くわいはぶりと同じで大きな根が生えることから出世を願って食べられます。

里芋

里芋

里芋は種芋を植えるとたくさんの子芋が実ることから子宝を祈るものとして入っています。

こんにゃく

こんにゃく

手綱こんにゃくは名前の通り、手綱を握りしめて心を引き締め、備えるという意味があります。また、結び目があることから家族の円満が祈られたり、良い縁が巡ってくるように祈られています。

紅白なます

紅白なます

紅白なますは色合いが祝袋の水引きに見えることからめでたいという意味を持ています。また、材料である人参と大根が土の中に強い根を張るため、家族の土台ができ家庭が安定することを意味しています。

かぶ

かぶ

かぶは菊花かぶとも呼ばれます。菊はもともと国花であり、お祝い事では欠かせない花となっています。そのため、めでたいという意味もあり繁栄や健康、邪気払いなどの意味を持っています。

おせちにローストビーフが入っているのを見たことありませんか?

ローストビーフ

先程紹介した通り、おせちの具材にはそれぞれ意味のあるものが使われています。ただ最近のおせちには「ローストビーフ」という一見縁起を担いでいるか分からない食材が入っているのを見たことありませんか?

おせちに入っているということは「ローストビーフ」にも意味があると思いきや、実は意味はありません。

「ローストビーフ」が入っている理由は、近年ではおせちを食べる家庭が減っていることから、縁起物より家族とごちそうを食べるという傾向が見られるため、「ローストビーフ」のようなごちそうをおせちに入れる場合が増えています。

喪中におせち料理を食べても良い?

年始めに食べるおせちですが、喪中の時は食べてもいいものでしょうか?

意外と知られていないその答えについて解説していきます。

喪中とは

いきなり説明する前にまずは喪中について少しだけ解説していきます。

喪中とは、身内が亡くなった際、喪に服している期間を指します。つまり、故人を偲ぶ期間ということです。

また、具体的な期間としては、宗教や宗派にかかわらず、逝去してから一年間(一周忌法要)が一般的とされています。

喪中の時はおせち料理は控えましょう

結論から申し上げますと、喪中期間におせち料理を食べることは控えたほうがよいとされています。

なぜなら、おせち料理に使われている食材には、さまざまなお祝いの意味が込められており、おせち料理を食べるということは、家族みんなで、新年の健康や繁栄を祈るということでもあるからです。

喪中は、亡くなった人を悼む期間のため、おせち料理を食べることに関わらず、おめでたい行事は控えたほうがよいとされてきました。

どうしてもおせち料理を食べたい時は?

そうはいっても、おせち料理って、普段は食べられないような食材もあるし、味付けも上品で美味しいし、とにかく豪華ですよね。

毎年、お正月は家でゆっくりおせち料理を食べて過ごすという方も多いんじゃないでしょうか。

筆者自身も、おせち料理は大好きで、予約シーズンになると、どこのおせち料理を注文しようかとずっと考えているくらいです。自分で手作りしてみるのも良いですよね。

喪中でもおせち料理を食べられる!?

筆者のように、おせち料理が大好きだけど、「今年は喪中だし、おせち料理を食べるのは諦めよう…」と思っている方、必見です。

一部の食材を避けたり、使う道具を変えると、喪中でもおせち料理が食べられるんです。ただ、いくつか条件があるみたいなので、紹介していきます。

喪中におせちを食べる際の条件

それでは早速おせちを食べる条件について紹介していきます。

お祝いを意味する食材を避ける

【紅白の食材】
紅白はお祝いの象徴といえます。そのため、喪中にはふさわしくありません。具体的な料理としては、紅白なます、紅白かまぼこが挙げられます。

【鯛】
鯛は、おせち料理以外にも、結婚式など、お祝いごとがあると、よく使われる食材です。また、語呂合わせになりますが、「たい→めでたい」というように、こちらもまた、お祝いを連想させる食材なので、避けた方が良いでしょう。

【昆布を使用した食材】
昆布を使った料理も喪中では避けた方が良いとされています。上記の鯛のように、昆布も「よろこぶ」との語呂合わせ、また「養老昆布(よろこぶ)」とも掛けることから、お祝いの意味のほかに、不老長寿の願いも込められています。具体的には、昆布巻きが挙げられます。

【菊の形を模した食材】
菊の花といえば、お葬式やお墓参りの際に用いるイメージがあるという方も多いかもしれません。しかし、菊はお正月に飾る代表的な花でもあり、「長寿」という意味もあるのです。喪中に「長寿」を意味する食材を使うのはふさわしくありませんので、食用菊はもちろん、菊花かぶや、菊の形に飾り切りした人参なども避けておきましょう。

食材以外にも今から紹介する事もやめておくべき項目になります。

【祝い箸を使わない】
祝い箸とは、末広がりの八寸(約24センチ)で縁起がよく、おせち料理やお雑煮を食べる際に使います。そのため、祝い箸ではなく、普段のお箸でいただくようにしましょう。

【重箱に詰めない】
そもそも、おせち料理を重箱に詰めるのは、「福が重なるように」という意味が込められています。喪中に重箱を使うことは、「不幸が重なる」という意味になってしまい、更に悲しい出来事が起こるという意味にもつながります。喪中では、重箱ではなく、お皿などに食材を盛るようにしたほうが良いですね。

喪中用おせちが存在する

上記で喪中で避けるべき食材、ルールを述べてきました。しかし、わざわざおせち料理を買ったのに、食材を分けたり、お皿に盛り直したりするのは、正直大変です。

でも、問題ありません。実は、喪中用のおせちというものが存在するのです。

その名も、「もせち」。

一体、どんな料理が入っているのか、気になりませんか?今回は、大阪府の「三徳庵」さんから販売されている、もせちの例をご紹介します。

「もせち」の中身はこんな感じ

カニ爪一夜干し、蓮の実蜜煮、ぶどう豆、金柑、鰆柚庵焼、若竹丸十、蛸やわらか煮、鳴門金時蜜煮、松茸旨煮、甘鯛西京焼、公魚かりん糖、萄無、海老艶煮、床節旨煮、穂付筍の子、百合根甘露煮、帆立貝火取り、合鴨ロース燻製、鶏照焼、祇園坊、柚子窯(竜飛巻、生酢)、京芋蓮の花、福佐焼、いくら醤油漬け、栗渋皮煮、等

彩りもとっても豪華で、めちゃくちゃ美味しそうですよね!おせち料理を食べられなくても、こんなに品数があれば、家族みんな大満足ですね♪

喪中はお祝い事を避けた方が良いとされているので、今までおせち料理を食べるのを諦めていたあなた。

ちょっとしたルールや、食材の意味を知ることで、喪中におせち料理は食べられるんです。

しかも、最近ではお店でも喪中用おせち「もせち」が販売されているので、とっても便利ですね。

自分で作るのが大変だという方は、機会があれば、「もせち」を食べてみてはいかがでしょうか?

おせちの選び方

おせちの選び方

今では多様性に富んだ種類が出ていて選ぶのも楽しいながらも、「一苦労」ですよね…ということで「おせちの選び方」について詳しく解説していきます。

秋後半ぐらいから少しずつ有名デパート、百貨店、レストラン、ホテルや料亭から「新年を飾るおせち」案内が届き始めますね。

さて、来年はどんなのにするか、どこのおせちを味わいたいか、悩み始めます。伝統的なものから、和洋折衷のものまで、年々バラエティー豊かな商品ラインアップが取り揃えられ、その数は圧倒的です。

よほど、心にはじめから決めている種類のおせちがない限り、選ぶには相当な時間がかかります。

そもそもおせちの選び方は人それぞれ目的も違うので、これが良いという選び方はありません。

なので、今回は私の選び方について書かせて頂きますので、興味のある方のみご愛読下さい。

基本的に私は、伝統的な和風おせちを選んでいます。もちろん、他の洋風のタイプにも魅かれて迷い悩むこともしばしばですが、まずは彩と素材をキーにこだわり、最終的に家族全員で決めるパターンです。

今までのおせちの中で、一番印象に残っているのは3つほどありますが、やはり日本特有の繊細な作りの品々、季節の味覚、華やかな彩のもの、そしてご当地名産物が含まれているお料理が含まれているかどうか、確認して選ぶようにしています。

あとは、アレルギー体質の方であれば、素材や原料も厳しいチェックを入れないといけないですね。魚介類、甲殻類とかナッツ類、特に注意が必要です。

また最近では技術が年々進歩していて、「冷蔵おせち」に加えて「冷凍おせち」にも注目が集まっていますね。

実はまだ「冷凍おせち」を試したことはないのですが、とても興味があるので、来年のおせちは冷凍バージョンにしてみようかなと考えているところです。

「冷凍おせち」は、比較的冷凍に時間がかからず、作ってから瞬時に特殊技法で冷凍するらしく、これで味わいがぎゅっと詰まり、作り立てのおいしさを味わえるのだとか。

冷凍なのに作りたての味ならきっと皆さんも食べてみたくなりますよね。私もその1人です。

ちなみに、値段的には冷凍バージョンの方が若干お得というのもあり、正直迷います。スーパーやオンラインショップでも、冷蔵の生おせちよりも、冷凍おせちのほうがその数も多いです。

ここで少しまた悩むのが、多くの店舗で採用している、「早得割引」キャンペーンです。早期に決めれば、お得な割引があるという得点にはどうしても、無視できないですね・・・。

さて、次のセレクト基準が「価格」ですね。

この順番ではないかもしれませんが、新年の初料理として味わうのだから、ある程度は贅沢に奮発して買いたいという方もいらっしゃるのは事実ですが、その一方である程度はリーズナブルなものを探したいという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

私も最近は後者の方ですが、まずは「素材と彩」重視でいきます。やはり、ここで忘れてはならないのは、果たして希望するそのおせちの素材、彩そしてボリューム感が価格と釣り合うかどうか、という点です。

これを見失ってしまうと、せっかく選んだのに実際手にすると、「こんなはずではなかった・・・」と後悔してしまうかもしれません。

後悔するというのは、少し大げさかもしれませんが、やっぱり納得するおせちを選びたいというのは、誰もが想うところであります。トリュッフや伊勢海老、あわびなどの高級食材が入っているのも毎年人気ですが、私の場合、そこまでこれにこだわらずに、むしろ海の幸や山の幸を思う存分味わい尽くせる品々を探します。

最近では人数分のおせちも選ぶことができ、大変便利になりましたね。1名分から数人分まで自由にセレクトできます。

おうちで食べるのもよし、最近ではあまりないかもしれませんが、旅行先のホテルやレストランで用意されたおせちを堪能するのもよし、という感じで本当に幅広いオプションがあり、とても嬉しいと感じています。

それに加えて、サイドメニューも出ていたりして、年末年始のお料理メニューが完成していますね。

おおみそかの夜に食べるおそばや、お鍋、すき焼きなど、食べ過ぎを心配してしまうほど、種類は尽きませんね。

そして最後に面白い発見がありました。

もしかすると最近始まったことではないかもしれませんが、「夏おせち」というのを聞いたことはありますか?

そうです、「夏おでん」に続き「夏おせち」です。以前、2011年頃に某大手コンビニで販売していたと読みましたが、老舗佃煮メーカーさんや大手スーパーチェーンなどでも、インターネット受付を通じて販売していることを知りました。

先日、近所でバスに乗っていた際、窓から「夏おせち」のポスターが出ていました。

これは要するに、お盆が忙しくなる時期でもあるため、合わせて新年おせちの夏バージョンをひらめいた方がいたということですね。でも「夏おせち」というからには、素材やお料理も夏らしさを表現したものなのでしょう。これも要チェックですね。

今回の「おせちの選び方」ですが、様々なおせちに遭遇しながら1種類に絞るのは大変なので、「今回はこれ、次回はここのおせちにしよう。」というふうに楽しく計画をたてるのも楽しいですね。

コンビニのおせちはどうなの?

ネット通販で買えるおせちは幅広いバリエーションや大手百貨店など色んな種類がありますが、気軽に寄れるコンビニエンスストアのおせちはどういったものがあるのでしょうか??

参考までに各コンビニのおせちについても調べてみました。

セブンイレブンのおせち

セブンイレブンのおせち

セブンイレブンのおせちは例年10月になると予約開始となることが多いです。

予約は店頭やセブンネットからでき、1段重(お一人用)〜3段重(3〜4人)と種類がいくつかあります。

値段は安いものだと5,000円のミニマムサイズから30,000円の3段重などこちらも幅広い値段になっています。

ただ中身の具材はおせち由来に関するものより現代風の食べやすい食材が多く入っています。(ローストビーフやハンバーグなど肉ものが入っているおせちもあります)

ローソンのおせち

ローソンのおせち

ローソンのおせちは9月ぐらいから予約が可能になることが多いです。

予約方法は店頭やロッピーなどからすることができ、Pontaポイントが別途もらえたりする特典もあります。

値段は1万円から高いものだと4万円と幅広い価格で販売されています。

ローソンのおせちはおせち由来の具材が入ったものから、2020年には鬼滅の刃とコラボしたおせちを販売したりと、バリエーション豊かな内容になっています。

ファミリーマートのおせち

ファミリーマートのおせち

ファミリーマートのおせちは10月から予約することが可能です。

ファミリーマートのおせちは三越さんが厳選したものや江戸時代創業の仕出し料理屋の銘店「八百彦本店」さんとコラボしたものだと、高級感溢れるものが多いです。

それだけ高級なのに値段が1万円〜2万円で買えるものが多いので、コスパ良さげな内容になっています。

申込みは店頭やネットとなり、12月10日までと申し込み締切が少し早いので、注意が必要です。

まとめ

昔から食べられているおせちには食べた人がその年も幸せでいられるようにと、さまざまな理由が込められています。

現在では親族で集まって大勢で重箱に詰められたおせちを食べたりすることも少なくなり、重箱で出てくることも祝い箸を使う機会も少なくなってきた印象があります。

現代に合わせたおせちの変化も良いですが、昔ながらのおせちの意味を知って食べるだけでも、今まで以上に幸せな年になれると思いますので、今年はあなたや家族の幸せを呼ぶおせちを購入してみてはいかがでしょうか?

おすすめのおせちランキングに戻る

合わせて読みたい

年末の悩みのタネの1つ…年賀状。 毎年毎年、郵便局まで買いに行くのが面倒… いつまでに出せば元日に届くんだっけ? どこか安く買えるところはないのかなぁ… と疑問に思ってスマホをポチポチ使って検索していませんか? そんな悩み[…]

合わせて読みたい

毎年冬の時期になると食べたくなる「蟹」。 北海道や金沢・福井など有名産地が多いこともあり、販売しているカニ通販サイトもたくさんありますよね。 これだけサイトも沢山あるとサイトによっては届いた蟹が残念な状態で届いた…という苦い経験をしたこ[…]

カニ通販サイトの選び方