セントバーナードの【よだれ・樽・子犬の特徴】について徹底解説!

犬の中でも大型犬に分類される「セントバーナード」。身体の大きさも相まってカッコいい印象もありますが、世間では救助犬や樽を付けているイメージが多いのではないでしょうか?

そこで今回はセントバーナードがなぜ樽を付けているのか?実際に飼うために必要なモノ、気を付けたいポイントについてご紹介していきます。

セントバーナードについて

セントバーナードについて

セントバーナードはスイスの国犬とされています。セントバーナードの犬種名は、彼らを育んだ聖ベルナール僧院を英語読みしたものです。

聖ベルナール僧院はイタリアとスイスの国境近くにあるアルプスの山中にあった僧院です。

グラン・サン・ベルナール峠という名のこの道は、古くから重要な交通路として利用されていましたが、冬は大変厳しく、20mを超える積雪に気温はマイナス30°Cにもなる地域です。

冬になれば到底、馬を使うことなどできず、急ぎの旅人は徒歩で山越えをするしかありませんでした。この厳しい土地で、遭難者を救助していたのがセントバーナードであったと伝えられています。

セントバーナードの祖先犬は、ローマ帝国(現在のイタリア)が連れていた軍用犬のモロシア犬とされています。

モロシア犬がこの土地に入ったのは紀元2世紀頃と推定されていますが、当初は番犬として飼われていたようです。

数少ない山中の農家などに飼育され使役犬として働いていましたが、17世紀に入って、深い雪中でもひるまなずに進む体力や勇気、軍用犬として身につけた探索能力が認められ、改良が進むことになります。

この頃、聖ベルナール僧院へ寄贈された犬たちが、現在のセントバーナードの基礎となりました。聖ベルナール僧院は遭難者の救護所の役割も果たしていたため、セントバーナードは救護犬の仕事を与えられ、20世紀までに2000人以上の遭難者を救護してきたと伝えられています。

セントバーナードが海を渡ってイギリスに入ったのは19世紀の始め頃のことでした。実はこの頃、セントバーナードは絶滅の危機を迎えていました。長い間、狭いエリアの限られた個体で近親繁殖を繰り返していたことから、重い遺伝子疾患で長く生きられない犬が続いたのです。

そこで、ニューファンドランドと掛け合わせることによって、存続できることができました。その結果、細身で短毛だったカラダは、現在の大柄で長毛の姿へと変貌することになりました。

そして、19世紀半ばころ、当時イギリスで活躍していた画家ランドシーアの手によって、遭難者を救助する2頭のセントバーナードの絵が描かれ、この犬種の知名度と人気が高まることになります。

ちなみに、海の救助犬として知られるニューファンドランドのうち白黒のものをランドシーアと呼びますが、これは画家のランドシーアの名を冠して与えられた名前です。

生涯に40人もの人間を救助した実在の名犬バリーの物語は各国で受け継がれており、その栄誉を称され、セントバーナードのことを「バリーハウンド」と呼ぶようになりました。

バリーの剥製はベルンの博物館に今も展示されています。20世紀には映画「ベートーベン」の主役犬になったり、日本でも知られているアニメ作品に登場したりと、たびたび話題の犬種となりましたが、その大きさのため多くの家庭に迎えられるという状況にまで至っていません。

体の特徴としては、セントバーナードの体高は、オスが70~90cm、メスが65~80cmと定められており、大型犬に分類されます。

全犬種において最重量の犬種であり、大きな個体では100kgを超える犬もいます。太くて長い尻尾も特徴のひとつです。

被毛はダッフルコートになっており、硬めで短い毛が密集している「スムースタイプ」と、直毛かウェーブかかった「ロングタイプ」の2種類が存在します。

毛色としては、ホワイトの地色にレッドブラウンの斑またはブランケット(胴体を覆うような大きな色)があります。

レッドブラウンに少しのブリンドルが入ったものや、イエロー寄りのブラウンなども認められます。

顔の特徴としては、大きな垂れ耳が特徴です。また、頭部の毛色は、ダークなシェードが望ましいとされています。寿命は8~10年くらいです。大型犬の中ではやや短命といえます。

性格は、温和でおっとりとしていて、辛抱強く優しいです。自分で考える力があり、責任感が強く、与えられた役割を果たそうとしますが、頑固な一面もあります。

無駄吠えや攻撃性は少ないです。ただし、大型犬で力強いので、幼犬のうちからのしつけは大切です。従順なので、比較的しつけをしやすい犬種です。寒さには強いですが、暑さには弱いです。

セントバーナードの価格

セントバーナードの価格

セントバーナードのお迎え価格は20〜30万円(子犬)となっています。ただ個体の性格や血統でも価格は異なり、お迎え価格が40万円以上になることもあります。

お迎え価格が安くなることも?

生後数ヶ月を過ぎたセントバーナードの仔犬は生まれて間もない頃と比べると5〜10万円ほど価格が下がる傾向にあります。

それでも飼い主が決まらない場合は、里親募集をすることもあるようです。

初期費用よりも飼育費用がかかる

超大型犬なので飼育費用は小型犬と比べると、何倍もの費用がかかります。

エサ代

体が大きいのでそれだけ食べる量も多いです。毎月のエサ代だけでも1万円は超えてくると考えると良いでしょう。食欲旺盛な子だと2万円以上になることも有り得ます。

病気、ケガの病院代

大型犬特有の疾患もあるので病院代も考慮する必要があります。

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)や胃捻転(いねんてん)などを患ってしまうと高額医療費がかかってきます。

最近ではペット保険などもあるので、大型犬の飼い主は入られる方が多いです。

セントバーナードのエサは?

セントバーナードのエサは?

毎月たくさん食べるエサだからこそ、ちゃんとしたものを選んであげなくてはいけません。

選び方は

  • 動物性高たんぱく質
  • 栄養バランス
  • 穀物不使用(グレインフリー)
  • 添加物不使用
  • 低カロリー

これらがエサの選び方の基本になっています。

動物性高たんぱく質

たんぱく質の割合が50%以上のものが望ましく、さらに動物性のものを選びましょう。

動物性たんぱく質には犬が必要とするアミノ酸も含まれていて健康面でも最適です。

栄養バランス

成長期は体重だけでなく骨や筋肉も発達していくため、カルシウムやビタミンなども豊富に含んだエサが良いです。

成長期の発達具合で股関節形成不全などのリスクを減らすことができます。

穀物不使用

グレインフリーはセントバーナードだけでなく犬にとって重要な項目です。犬には穀物を分解する酵素のアミラーゼがないので、穀物の消化が難しいのです。

消化できないということは胃の中に食べたものが長時間入っているのでガスを発生して胃がねじれてしまう胃捻転になってしまう可能性もあります。

添加物不使用

添加物を長期間大量に摂取すると、愛犬の健康面での心配が出てきます。エサを食べなくなったり、吐いてしまうこともあります。

低カロリー

肥満になりやすいので低カロリーのエサは必須です。肥満になるとそれだけ負担がかかりやすくなるのでケガや病気のリスクが高まってしまいます。

値段よりも質を大切に

毎月の食費を抑えるために低コストのエサを選び続けると健康面で問題が発生しやすくなります。

動物性たんぱく質といっても、4Dミートも動物性と呼ぶことができます。4Dミートは動物の死肉や病気で死んだ動物の肉を使って低コストで生産できるものです。もちろんそんな動物性たんぱく質は体に良いとは言えないでしょう。

ペットの健康をしっかりと考えて、元気で暮らせるようにするのが飼い主の責任でもあります。

セントバーナードの子犬の特徴について

セントバーナードの子犬の特徴について

超大型犬の中でもさらに体高も重量もあるセントバーナードですが、子犬の頃はぬいぐるみのような愛らしい姿をしています。

どのような成長をして、救助犬としても活躍する大きな体格になっていくのかご紹介していきます。

半年で30kg以上に成長

モフモフしたぬいぐるみのような可愛いらしい姿は、生まれて2ヶ月程度しか目にする事ができません。

なぜなら、大型犬は小型犬より成犬になる成長スピードは遅いものの、最終的な重さはかなりあるので体重の増加は早いからです。

生まれたては700gですが、1ヶ月後には2kg前後、3ヶ月後には8kg、6ヶ月後にはなんと35kgにまで成長します。そして1年がたつ前に体重は50kgを超えますが、筋肉や骨も発達してさらに大きく成長していくのです。

成犬とみなすのは成長が止まったら

超大型犬のセントバーナードの成犬の重さは60kg以上にもなります。個体によっては最終的に100kgを超える大きな子もいます。

体重の増加は早い大型犬ですが、成長が止まるまでは成犬と見なされません。つまり、体は大きくなっても仔犬であるということです。

仔犬はまだまだ飼い主に甘えたい盛りなので、スキンシップをはかろうとじゃれてきます。しかし、すでに30kg以上にもなっているとその衝撃は相当なものになるので注意が必要です。

穏やかなセントバーナードの仔犬時代

セントバーナードといえば、穏やかなイメージがありますが仔犬の頃は甘えん坊のやんちゃな子が多いです。そんな仔犬も成長するにつれ、落ち着きをみせて穏やかになっていく傾向にあるようです。

大型犬は成犬になるまで18ヶ月はかかるとされています。それまでは体が大きくなってもやんちゃな仔犬なのです。

仔犬期からのしつけ

穏やかで優しい生活のセントバーナードですが、仔犬の頃からのしつけはとても重要です。

きちんと言う事を聞くようにしつけをしなければ公共の場で苦労してしまいます。散歩でも自分勝手に動いてしまうと重量がある分、とても大変な思いをすることになるでしょう。

無駄吠えなども少ない犬種ですが、吠えグセがついてしまうと声が響きやすいです。仔犬期から吠えさせないように叱ることも必要になります。

救助犬としても活躍していたほどセントバーナードは賢い犬種です。きちんとしたしつけを行うことを心掛けましょう。

甘噛みを覚えさせないように注意

セントバーナードの仔犬が甘噛みを覚えてしまうと、成犬になったときにも噛みグセがついているかもしれません。

体格も良く力も強いセントバーナードには噛みグセがあると、成犬になってから噛まれたりしてケガにつながる恐れもあります。

しつけの一環として仔犬の頃から甘噛みを覚えさせないように工夫することも大切です。

肥満は危険

仔犬期は育ち盛りでたくさんエサをあげたい気持ちも分かりますが、大型犬は特に肥満に注意をしなくていけません。

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)

大型犬に多く発症する股関節形成不全にかかるリスクを減らすためです。肥満になるとそれだけ未発達の体に負担を与えてしまい、発症しやすくなります。

3、4ヶ月頃から急成長していくので、仔犬期からかかってしまうこともあります。立ち上がるのに時間がかかったり、腰を振るように歩いていると股関節形成不全の疑いがあります。

胃捻転(いねんてん)

一度にエサを与えすぎるのも、食べ過ぎが原因で胃捻転になりやすいので、食事には気を配らないといけません。

食後の運動も胃に負担がかかるので、ねじれて吐いてしまうこともあります。

セントバーナードの里親について

セントバーナードの里親について

セントバーナードをやむを得ない事情で里親に出したい飼い主さんもいらっしゃいます。

大型犬なので飼育に関して適切にできるか、大切に育ててくれるか、面談を行ったのちに譲渡という形になります。

譲渡の条件としてよく目にしたのが、暑さに弱いセントバーナードを室内で飼育できるかなどが重要になっています。

里親募集の理由

セントバーナードの里親募集の理由は血統書がなかったり、飼育者が高齢化して飼うことが難しくなったり、飼育放棄で保健所に収容されていることが多いようです。

大半が成犬の里親募集になりますが、セントバーナードの寿命は約10年となっているのでアフターケアもきちんと行えるかも重要になってくるでしょう。

大型犬なので小型犬に比べて飼育は大変ですが、最後まできちんと飼えるかを考慮してお迎えをしてあげて下さい。

飼育できなくなる理由

飼い主の高齢化や金銭面での理由が大きくあげられますが、実際に大型犬を買うにはかなりコストがかかります。

食費だけで1万円は超えてくる上に、病気やケガの病院代も高額になります。

股関節形成不全などの手術代は40万円以上になることも多く、金銭的に飼育が困難になってしまわれる方も多いです。

また運動もさせるために散歩にも連れて行かなくてはいけませんが、大型犬の散歩は体重がある分引っ張られるとペットだけでなく飼い主の転倒や事故の危険もあります。

どれだけしつけをきっちりとしていても、万が一の時に対応できなければ飼い主も危険に晒されてしまう可能性も有り得ます。

セントバーナードのよだれ対策について

セントバーナードのよだれ対策につい

セントバーナードは「よだれ」がとても出やすい犬種です。気付いたらよだれをボトボトと垂れ流していることもあります。そんなセントバーナードのよだれ対策についてご紹介していきます。

セントバーナードがよだれが多い理由

セントバーナードによだれが多く出る理由は、顔のつくりが原因となっています。

オオカミのような鼻が長く出た犬はよだれが出にくく、セントバーナードのように鼻の短い犬によだれは多く出る傾向にあります。

鼻が短いとそれだけ口周りの皮膚がたるんでしまうので、よだれが溜まりやすくなってしまうのです。

よだれのデメリット

気になるよだれですがキリがないからと放置し続けていると愛犬にトラブルが起きてしまいます。

  • 口周りの毛の変色
  • 悪臭
  • 皮膚炎

などが挙げられます。

よだれで濡れた毛が茶色っぽく変色して「よだれやけ」を起こしてしまいます。病気ではないので心配は入りませんが、見た目が良くないので気にする飼い主さんもいらっしゃいます。

また、口周りの毛についた毛をそのままにしておくと菌が繁殖してニオイが強くなってしまいます。セントバーナードは暑さに弱いので室内で飼われる方が多いですが、悪臭の原因になると共に過ごしにくくなってしまいます。

よだれを放っておくと、濡れた部分が炎症を起こして皮膚炎になることも考えられます。かゆみなどを引き起こしてこすりつけてしまうと悪化してしまうこともあります。

これらの事からセントバーナードのよだれには根気強くケアを行っていく必要があるでしょう。

よだれを減らす方法

セントバーナードのよだれを減らす方法は残念ながらありません。顔のつくりが原因となっているので、どうしようもないのです。

飼い主さんは愛犬のよだれを減らすことではなく「よだれが出たときの対策」を考えなくてはならないので大変です。

具体的なよだれの対策

よだれ対策にはまずこれらをやるといいですよ。

  • よだれを拭いてあげる
  • よだれかけをつける
  • タオルの活用

1番良いのはよだれが出たときに拭いてあげることですが、毎回は拭いてあげることはできないですよね。そんなときは「よだれかけ」もつけてあげると効果的です。

犬用のよだれかけは市販品でもあり、セントバーナードのほかにもブルドックなどもよだれが多いのでよだれかけを使っていたりもします。

市販品でなくても手作りでよだれかけを作ったり、布を巻いてあげる飼い主さんもいます。

タオルの活用は睡眠中や食事のときにタオルを引いておくと飼い主さんも片付けが楽なのでオススメの方法です。寝ているときは無意識の内によだれが垂れてしまうので、必ず引いてあげましょう。

セントバーナードに樽がついている理由について

セントバーナードに樽がついている理由について

セントバーナードが首からぶら下げている樽を見た事がありますか?実はこの樽の中身は〇〇だったのです!

タルの中身はまさかのアルコール?

セントバーナードがぶら下げている樽の中にはアルコール度数の高い「ブランデー」や「ウイスキー」が入っています。それは決してセントバーナードが飲むわけではなく、救助犬だからこそ持っているアイテムなのです。

と、日本では信じている方が多く、そう紹介している記事もあるのですが実際は違います!

セントバーナードと樽の真実

実際の救助犬の役目はアルプス山脈での遭難者の冷えた体や凍傷を防ぐため、傍に寄りそって温める役割を担っていました。

なぜセントバーナードと樽が有名になったかというと、イギリスの画家が雪山の救助犬を描いたときに想像で付け加えたものが「ブランデーの樽」だったのです。遭難者に寄り添うセントバーナードには確かに酒の樽が描かれていました。

普通に考えると低体温で命の危険がある状態の人にアルコール度数の高い酒を飲ませることはしませんよね。しかし、海外ではそうなのかと思い込む日本人は多いです。

実際、雪山での救助活動には樽をぶら下げていませんでした。この絵から噂が広まり「山岳救助犬のセントバーナードはブランデー入りの樽をつけている」と勘違いされるようになったのです。

樽はセントバーナードのトレードマークに

絵から生まれたセントバーナードの樽は海外でも有名になっていますが、日本とは違い真実を知っている方が多いです。

現在セントバーナードが樽を首からぶら下げている写真も見かけます。しかしそれは、事実からではなく空想が有名になりすぎて逆にトレードマークとして持たされるようになったのです。

山岳救助犬として活躍したのは本当

日本では救助犬というとゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバーを想像する方が多いでしょう。

しかし、セントバーナードも海外では立派な救助犬でした。

山岳が多いスイス原産のセントバーナードは山岳救助犬として活躍していました。遭難者をみつけると冷えきった低体温の体を温めるように寄り添い、多くの人々を救っていたのです。

伝説の山岳救助犬バリー

1800年代には40人もの遭難者を救ったバリーというセントバーナードがいました。

凍えて死んでしまいそうな遭難者を背中に乗せたり、寄り添って温めるなどして救助活動を行ったバリーは200年経っても語り継がれる伝説級の山岳救助犬なのです。

今ではセントバーナードの個体数の減少と並行して、救助犬としての数は減っています。