カスタードクリームまで!?「ザクテ〜ラ-ブリュレ風カステラ-」

更新日:2021/01/22 / 公開日:2020/12/18

ローソン ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザクテ〜ラ

ローソンのウチカフェから2020年12月8日に発売された「ザクテ〜ラ-ブリュレ風カステラ-」を食べてみました。

ザクテ〜ラ-ブリュレ風カステラ-」とは?

公式サイトには

『まわりはふわふわ、中央部はしっとりとした歯切れのよいカステラ生地。カスタードクリームをとじこめ、大粒のざらめとほろ苦いカラメルソースをトッピングしました。複数の食感が楽しめる新感覚スイーツです』

とのことです。

お値段は税込240円とバスチーなどと比べても少しお高め。

気になるカロリーは264kcal、糖質は36.9gとなっています。

ザクテ〜ラの見た目はこんな感じ

ザクテ〜ラ開封後

サイズは両手に収まるくらい、厚みもあってボリュームがありそうです。

カステラの上にカラメルソースと大き目のざらめがトッピングされています。

温めて食べることもできるそうなので、今回は電子レンジで温めてからいただきます。

加熱時間は1500wで10秒、500wで25秒です。

ほんのり温かく、カラメルソースがとろりと絡まります。

ザクテ〜ラの味や食感は?

ザクテ〜ラ断面図

切ってみると中のカスタードクリームとカラメルソースがとろっと溶け出しました。

カステラ生地はしっとりふわふわで卵の風味が広がる優しい味。

一般的なカステラに比べるとキメが細かく舌触りがなめらかで、どちらかというとシフォンケーキのような軽めの生地です。

この絶妙な生地の美味しさはさすがローソン!

カステラ生地、クリーム共に甘さは控えめで、カラメルのほろ苦さとざらめを噛んだときの甘さが際立ちます。

ふわふわの生地となめらかなクリームにざくっとした歯触りのざらめが良いアクセントに感じます。

カスタードクリームは単体ではあまり存在感がなく風味が弱めで、何のクリームかよくわからない感じですが、ソースやカステラと一緒に食べるとカラメルソースの苦味をまろやかにしてくれて調和のとれた味わいになっています。

雰囲気としては、甘さ控えめのカステラの上にクレームブリュレが乗っているようなかんじです。

甘さよりもほろ苦さが後引く大人なお味でコーヒーにもよく合います。

量もコーヒーブレイクにぴったり。紅茶でも美味しく頂けそうです。

逆に、朝ごはんの代わりにしたり、ちょっと小腹が空いた時などだと物足りなく感じるかも。

ざらめとカステラ、カラメルとクリームの和洋折衷なスイーツです。

ザクテ〜ラのちょっと気になる点

カラメルとざらめにインパクトがありすぎてカステラ部分の印象が薄く感じます。

これはこれで美味しいのですが、生地もふわっと軽いのでしっとりとした重めのカステラっぽさを多く求める人には不向きだと思います。

またカスタードクリームも主張控えめなのでクリームが食べたい!と思っているなら物足りなく感じそうです。

紙の開けるカップに入っていますがざらめやカラメルがべたべたするので、お皿に移してフォークなどで食べないと食べづらいです。

おうちで楽しむ分には問題ありませんが、オフィスで食べるのは気が引けます。

まとめ

カラメルのほろ苦い味や、しっかりとしたざらめのザクザク感を味わえる珍しいスイーツです。

カステラ生地のふわっ、クリームのとろっ、そしてざらめのざくっ。3つの食感が一度に楽しめます。

キャッチフレーズの『ザクザクざらめとふわっとろ〜り新食感』に間違いなし!

ざらめ付きカステラが好きで売っているとつい買ってしまうのですが、近場ではなかなか売ってない上に1本だと1人では食べ切れないので、コンビニアレンジ版という感じで気軽に1人分を食べられるのはいいですね。

ざらめと卵のほっこりした、新しい中にもどこか懐かしい味わいでひと息ついてみてはいかがでしょうか。

ザクテ〜ラ-ブリュレ風カステラ-の詳細

ザクテ〜ラ-ブリュレ風カステラ-成分表
商品情報
商品名 ザクテ〜ラ-ブリュレ風カステラ-
価格 240円(税込)
カロリー 264kcal
販売店舗 ローソン

関連スイーツ記事はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA