ローソン秋スイーツ『ほっこりとした焼芋大福』はどんなデザート?

更新日:2020/11/04 / 公開日:2020/10/22

ローソン , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほっこりとした焼芋大福開封後

「ほっこりとした焼芋大福」は、2020年10月20日よりローソンから発売されたコンビニスイーツです。

多くの人から愛されている安納芋。

安納芋だけでなく、秋の味覚を使った商品がたくさん出てくるこの季節、待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。

さて、本題の「ほっこりとした焼芋大福」ですが、これは「安納芋」+「白こしあん」を合わせた餡と、ホイップクリームをお餅で包んだ和生菓子の商品です。

2か月間糖化成熟させた種子島産の安納芋を使用

ほっこりとした焼芋大福パッケージ

使用されている芋は、種子島産の安納芋。

しかも、2か月間糖化成熟させています。芋は収穫したばかりの時、甘みよりもでんぷん質の方が多く、ジャガイモのような味がします(芋ですが)。

そのため、でんぷん質が糖に変わるまでの3〜4週間は、少し寝かせた方がいいと言われています。

甘味料などで甘さを調整しちゃおう、とかではなく、安納芋本来の味を引き出そうとしている“こだわり”が感じられますね。

そして、餡とホイップクリームを包むのは、福井県の和菓子である羽二重餅(はぶたえもち)。

羽二重餅とは、蒸した餅粉に砂糖と水飴を加えて練り上げたお餅です。

「ほっこりとした焼芋大福」では、その羽二重餅に紫芋のペーストが練りこまれています。

さて、早速購入しにいそいそとコンビニ向かったのですが、「大福」なのでそんなに大きな見た目でもないですし、またシンプルなパッケージゆえに、コンビニスイーツの棚をパッと見ただけでは、ちょっと気付きませんでした(笑)

「ほっこりとした焼芋大福」は、直径約5cmの小ささのため、量たっぷりのスイーツというより、「お茶のちょっとしたお供に…」という感じですね。

『ほっこりとした焼芋大福』を実際に食べてみた!

ほっこりとした焼芋大福断面図

羽二重餅のぷにぷにした感触にちょっと癒されつつ、食べてみると芋のたっぷり感に驚きます。

一応、これは大福ですが…、お芋感がしっかりしているので、焼き芋を食べているような気分にもなります。

また、和菓子は低カロリーなものが多く、「ほっこりとした焼芋大福」も1個あたり約140カロリーと、スイーツにしては低めです。嬉しいポイントです。

仕事帰りに買って帰り、夜のデザートにしたくなります。

罪悪感を感じながら食べるスイーツより、低カロリーでストレスフリーなスイーツの方が、より幸せな気分も感じられそうです。

また、原材料にお餅が使われているからでしょうか。時間が経ってもあまり空腹感を感じなかったので、腹持ちがいいなと感じました。

メインとなる餡は、白こしあんとお芋の粘度のあるねっとりとした甘さに、ミルキーなホイップクリームが加わることで、味のアクセントとなっています。

不自然に甘すぎず、そしてまろやかで美味しいです。また、芋の風味がしっかりしているので、食べた後に鼻から抜ける芋の香りに幸福感を感じます…。

上品な気分になるので、緑茶でも用意してゆっくりと味わいたいスイーツです。秋を感じるスイーツ、ぜひご賞味ください!

ほっこりとした焼芋大福の詳細

「ほっこりとした焼芋大福」の商品情報・成分情報について紹介しています。

商品情報
商品名 ほっこりとした焼芋大福
価格 160円(税込)
名称 和生菓子
原材料名 焼芋ペースト、もち米、白こしあん、糖類(オリゴ糖、砂糖)、クリーム、粉末白あん、還元水飴、デキストリン、食塩、ゼラチン、酵母エキス、発酵調味料、植物油脂/トレハロース、グリシン、着色料(クチナシ、紅麹、カラメル)酵素、乳化剤、香料、調味料(アミノ酸)、増粘剤(キサンタンガム)、加工澱粉、(一部に卵・小麦・乳成分・大豆・ゼラチンを含む)
保存方法 要冷蔵(10℃以下で保存)
消費期限 約2日
栄養成分表
熱量 140kcal
たんぱく質 2.5g
脂質 2.1g
炭水化物 28.3g
糖質 27.2g
食物繊維 1.1g
食塩相当量 0.07g

新作コンビニスイーツ情報はこちら

元和菓子職人がオススメ!絶対に食べるべきコンビニ和スイーツ

【ローソンスイーツ 2020年版】コンビニデザートまとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。