「どらもっち」全種類を徹底紹介!ローソンで売り切れる人気スイーツ

更新日:2021/08/12 / 公開日:2021/02/18

特集 , , , , ,

どらもっちまとめ

ローソンウチカフェスイーツの代表作「どらもっち」。発売当初はその人気のせいか、店頭から売り切れが起きるほどのコンビニでは人気のどら焼き。

最近ではあんことホイップが入った通常版以外にも、抹茶やいちご、チョコやマロンなど様々な種類が発売されるほど。そこで今回はこれまで販売されてきた「どらもっち」を全種類ご紹介するまとめ記事を作ってみました。この記事を読めば、どら焼きが食べたくなりますよ。

目次

これまで販売されてきたどらもっちの種類

どらもっちが初めてローソンウチカフェスイーツに登場したのが2019年5月。その時に発売された種類が「どらもっち あんこ&ホイップ」と今ではローソンのスイーツコーナーに定番化された和スイーツです。

そこから、「いちご」や「抹茶」、「マロン」、「チョコ」、「ミルク」、「チーズ」など色んな種類が登場してきました。

これまで登場したどらもっちの種類がこちら↓(2021年2月現在)

こうしてみるとほんとに色んな種類が販売されていますね。ホイップをベースにしたコラボどら焼きが多いので、そこはやはりローソンさんらしいですね。

とはいえこれだけ種類が多いと、2021年もどんな新発売が登場するか楽しみですね。

それでは実際にコンビニスイーツ革命で食べたことのある、どらもっちの感想と詳細について詳しく紹介します。

どらもっち(バニラ&バニラ)

どらもっち(バニラ&バニラ)

ローソンの大人気スイーツ「どらもっち」に新商品「どらもっち(バニラ&バニラ)」が8月10日に登場しました。

これまでさまざまなテイストの「どらもっち」が発売されていますが、今回はどんなお味に仕上がっているのでしょうか?

早速ローソンへ行ってゲットしてきました!

「どらもっち(バニラ&バニラ)」はどんなスイーツ?

どらもっち(バニラ&バニラ)開封後

「どらもっち(バニラ&バニラ)」は、北海道産生クリームとカスタードをブレンドしたふんわりバニラクリームに、芳醇で甘い香りが特徴のマダガスカル産バニラシード入りバニラペーストを使用したとろ~りソースをとじこめた、2層仕立てのどらもっちです。

今回はどんなテイストに仕上がっているのでしょうか?さっそく、実食レポをしたいと思います!

「どらもっち(バニラ&バニラ)」のお味は?

どらもっち(バニラ&バニラ)_断面図

サイズは手の平くらいで、ぽっこりとしたフォルムがかわいいですね。クリームがいっぱい入っているのが見た目からもわかります。

さっそく、一口パクリとすると、バニラの味が口いっぱいに広がります!

どらもっち(バニラ&バニラ)_一口サイズ

中心部分のトロリとしたバニラソースは甘さとコクがあり、もちもちの生地と相性抜群。モグモグすると、生地の香ばしさも感じておいしさが長続きするので、満足感があります。

バニラクリームの部分は、生クリームのミルキー感があってふんわりしているので、全体に軽さを与えてくれています。

バニラソースの方が味が強いので、バニラクリームにカスタードの味はあまり感じませんが、生地やバニラソースの味とよく馴染んでいるように感じました。

バニラの味が楽しめるどらもっち

どらもっち(バニラ&バニラ)_断面図2

「バニラ&バニラ」という名前がついているだけあって、バニラのお味が楽しめるどらもっちでした!バニラソースにコクがあるので、飲み物と一緒に食べることをオススメします。

どらもっちファンの方はもちろん、バニラアイスが好きな方はお好きな味だと思います。ぜひ食べてみてくださいね!

「どらもっち(バニラ&バニラ)」の商品情報

「どらもっち(バニラ&バニラ)」の商品情報について紹介します。

商品情報
商品名 どらもっち(バニラ&バニラ)
価格 190円(税込)
名称 洋生菓子
原材料名 液全卵(国内製造)、乳等を主要原料とする食品、砂糖、クリーム、小麦粉、牛乳、水飴混合異性化液糖、水飴、米ペースト、練乳ペースト、ながいも、液卵黄、加糖練乳、マーガリン、洋酒、食塩、異性化液糖、バニラビーンズ、還元水飴/加工デンプン、トレハロース、膨張剤、乳化剤、香料、増粘多糖類、pH調整剤、着色料(カロチン)、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・やまいもを含む)
保存方法 冷蔵(10℃以下)で保存してください。
栄養成分表
熱量 272kcal
たんぱく質 3.5g
脂質 12.4g
炭水化物 36.7g
糖質 36.7g
食物繊維 0g
食塩相当量 0.3g

どらもっち お抹茶&ホイップ 【2021年6月22日に再登場】

どらもっち お抹茶&ホイップ

2021年もどらもっちの人気作「お抹茶&ホイップ」が発売されます!

2020年5月12日に初登場してから毎年この時期に販売されている「お抹茶&ホイップ」は、抹茶クリームとホイップクリームが入った新緑の季節にピッタリな和菓子です。

ローソン「どらもっち お抹茶&ホイップ」を食べてみた感想

どらもっち お抹茶&ホイップのパッケージ

「どらもっち お抹茶&ホイップ」はローソンウチカフェスイーツで人気だった「どらもっち あんこ&ホイップ」が1年振りにリニューアルされたローソン定番の和菓子。

累計2100万個も売れた驚異的な人気を誇るローソン和スイーツに今回は宇治抹茶味!っと、名前を聞いただけでも「美味しい事間違いなし!!」と期待がもてるスイーツ!

ウチカフェもち食感ロールのモチモチ感がマッチしたどら焼き

どらもっち お抹茶&ホイップ開封後

「どらもっち」の生地は普通のどら焼き生地で使われているホットケーキのような生地と違い、ローソン伝説のスイーツ「もち食感ロール」のもちもち生地の食感が味わえるどら焼きなんです!

このもち食感は他で販売しているどら焼きではまず味わうことができません!!生地だけでもローソンさんの魅力が詰まったどら焼きなんです。

しかも!生地だけでこのクオリティに加え180円で食べれるという安さはクリーム抜きでも食べたくなる美味しいどら焼き!

抹茶クリームとホイップクリームがたっぷり

どらもっち お抹茶&ホイップの断面図

どら焼き生地の美味しさに衝撃を受けた「どらもっち お抹茶&ホイップ」ですが、中に入っているクリームも衝撃でした!

クリームの量がハンパなく多いっ!!
パッケージからも分かるように生地の中にたっぷりクリームが詰まっているので、食べごたえ抜群!!

さらに宇治抹茶を使用した抹茶クリームの濃厚な味わいと、抹茶クリームにマッチしたホイップクリームが合わさることでこれまた衝撃的な美味しさに!!

ちなみにパッケージにはホイップクリームの方が多く見えますが、実物は抹茶クリームの方が多いというギャップも。

食べたことのない新感覚どら焼き

どらもっち お抹茶&ホイップパッケージ2

UchiCafe「どらもっち お抹茶&ホイップ」は今までの「どらもっち」シリーズを食べたことがない人には、間違いなく衝撃を受けるどら焼きになってます!

もちもちした生地にたっぷりの抹茶クリーム!
この2つは他で売っているどら焼きとは圧倒的に違う部分!!

ただ残念なことに期間限定商品なので、食べれるのはこの時期だけ!!再登場しないですかね…

また180円という手軽に買えるどら焼きなので、ちょっと甘いモノが食べたい時にオススメなスイーツです。

実際に食べた人の口コミは?

実際にどらもっちを食べた人の口コミも調査してみました。

良い口コミ

どらもっちシリーズの中で個人的に抹茶が好きです。チーズ&チーズもおおすすめです。もちもちした生地に相性抜群です!抹茶のほろ苦さとホイップの甘さが絶妙に合わさっていて1口食べた時の感動が忘れられません。発売している期間は毎日のように買って食べていました!

良い口コミ

どらもっちシリーズは何種類か食べたことありますが、1番好きなのは抹茶&ホイップです。まず生地が美味しい。もちっとしてる生地ですがちゃんとどら焼き感があります。そこにたっぷりと入った濃厚な抹茶味のクリームがメインで入ってます。抹茶の味を潰さないくらいのホイップクリームの量も絶妙です。また期間限定でいろんな味が出るので飽きないです。

どらもっち お抹茶&ホイップの詳細

「どらもっち お抹茶&ホイップ」の商品情報・成分情報について紹介しています。

商品情報
商品名 どらもっち お抹茶&ホイップ
価格 167円(税込180円)
名称 洋生菓子
原材料名 乳等を主要原料とする食品(国内製造)、液全卵、砂糖、小麦粉、白こし餡、クリーム、水飴、水飴混合異性化液糖、牛乳、米ペースト、ながいも、抹茶、異性化液糖、液卵黄、マーガリン、食塩、洋酒/加工デンプン、トレハロース、膨張剤、香料、乳化剤、着色料(クチナシ)、増粘多糖類、pH調整剤、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・やまいもを含む)
保存方法 冷蔵(10℃以下)で保存
消費期限 だいたい4日(5月18日18時頃に購入したものの消費期限が5月23日だったため)
製造元 株式会社モンテール
栄養成分表
熱量 252kcal
たんぱく質 3.3g
脂質 13.1g
炭水化物 30.3g
食塩相当量 0.3g

MILKどらもっち 練乳ソース入り

MILKどらもっち

ローソンの大人気スイーツ「どらもっち」の新商品に、生クリーム専門店「MILK(ミルク)」との共同開発した「MILKどらもっち 練乳ソース入り」が5月18日に登場しました。

どらもっちファン、そしてMILKファンにとって見逃せない商品。売り切れる前に急いで、ローソンへ行ってきました!

「ウチカフェ×ミルク MILKどらもっち 練乳ソース入り」はどんなスイーツ?

MILKどらもっち開封後

「ウチカフェ×ミルク MILKどらもっち 練乳ソース入り」は、ローソンの人気商品「どらもっち」の生地の中に、2種類の北海道産生クリームをブレンドしたホイップクリームと練乳クリームソースがサンドされた商品です。

「どらもっち」は、原料に長いもなどを加え、もちもちした歯切れのよい薄皮生地になっています。

生クリーム専門店「MILK(ミルク)」は生クリームが主役のスイーツなどを展開するショップで、ローソンとの共同開発は2回目です。

2020年11月に開催されたコラボ第1弾では、5種類の商品が発売され、大好評となりました。今回のコラボ第2弾では、スイーツとパンの商品が合わせて4種類が発売されています。

コラボ第1弾の商品も食べているのですが、かなりクオリティが高かった印象があります。今回は、さらに「どらもっち」という人気商品とのコラボなので、前回を越えてくるのでは?と期待大。さっそくいただきましょう。

「ウチカフェ×ミルク MILKどらもっち 練乳ソース入り」のお味は?

MILKどらもっち断面図

パッケージは、生クリーム専門店「MILK(ミルク)」の牛の絵と、ミントブルーがかわいくデザインされています。

袋を開封すると、コロンとしたどらもっちが登場しました。どらもっちが入っている透明なケースには、取れやすいようにくぼみがつけられており、細かいところまで工夫されているのがわかります。

手に取ると、中央部分が盛り上がっていて、見るからにクリームがたっぷり入っています!

それでは、いざ実食!

一口食べると、もちもち食感の生地がおいしい!そして、生クリームの濃厚なミルクの味が口いっぱいに広がります。さすが、生クリーム専門店さんが作ったホイップクリームだけあります。

中央部分まで食べ進めると、今度は練乳クリームのコクのある甘さがあらわれました。また、モグモグ噛めば噛むほど、生地の香ばしさを感じ、クリームの甘さにマッチします。

味や食感に変化があって、最後までおいしく食べることができました!

本格的で食べやすい!

MILKどらもっちサイズ

「MILK(ミルク)」の本格的な生クリームと、どらもっちのもちもちした香ばしい生地がベストマッチしていて、コラボ商品と言わずに定番商品になって欲しい!と思えるくらい大満足のスイーツでした。

中のホイップクリームが硬めに立ててあるので、トロッと落ちてこず、食べやすかったのも高ポイント。仕事の合間にデスクでスイーツを食べたい!という方にもオススメの商品です。ローソンで見かけた方は、ぜひ試してみてくださいね。

「MILKどらもっち 練乳ソース入り」の商品情報

「MILKどらもっち 練乳ソース入り」の商品情報について紹介します。

商品情報
商品名 MILKどらもっち 練乳ソース入り
価格 195円(税込)
名称 洋生菓子
原材料名 液全卵(国内製造)、乳等を主要原料とする食品、クリーム、砂糖、小麦粉、練乳ペースト、水飴、水飴混合異性化液糖、米ペースト、牛乳、加糖練乳、ながいも、液卵黄、マーガリン、食塩/加工デンプン、トレハロース、膨張剤、乳化剤、香料、増粘多糖類、pH調整剤、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・やまいもを含む)
保存方法 冷蔵(10℃以下)で保存してください。
栄養成分表
熱量 282kcal
たんぱく質 3.4g
脂質 14.5g
炭水化物 34.8g
糖質 34.3g
食物繊維 0.5g
食塩相当量 0.3g

どらもっち 苺&みるく

どらもっち(苺&みるく)

「どらもっち(苺&みるく)」は2021年3月2日に新登場した新しいローソンスイーツ!

今までさまざまなテイストが発売されていている中、新作を待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか?

「どらもっち(苺&みるく)」を求めてローソンに行くも、なかなか出逢えず…やっとゲットすることができました!

「どらもっち(苺&みるく)」はどんなスイーツ?

どらもっち(苺&みるく)開封後

「どらもっち(苺&みるく)」は、甘酸っぱい果肉入り苺クリームと北海道産生クリームをブレンドしたホイップクリームを、もちもちの薄皮生地で閉じ込めた2層仕立てのどら焼きです。

薄皮生地には、ながいもが配合されており、モチモチとした歯切れのよいどら焼き生地になっています。

これまでさまざまなテイストのどら焼きで楽しませてくれた「どらもっち」。今回がどんなお味になっているのでしょうか?

早速いただきましょう!

早速食べてみた

どらもっち(苺&みるく)

「どらもっち」といえばこのフォルム!コロンとしていてかわいいですね。まるで漫画に出てくるようなどら焼きです。

断面を見てみると、どら焼きの生地の中にたっぷりのクリームが入っています。

苺クリームのかわいいピンク色と生クリームの白色がきれいに2層になっていてかわいい!苺クリームには苺の赤い果肉がみえます。

どらもっち(苺&みるく)断面図

一口パクリといただきます!

さすが「どらもっち」、どら焼きの皮がもっちもちです。そしてかむほどに香ばしい味がします。

クリームのほうは、北海道産生クリームを使っているだけあって、ミルク感があります。

苺クリームには甘酸っぱさがあって、まさに苺みるくの味!甘めのどら焼きの皮とも相性抜群です。

今回は緑茶と一緒に頂きましたが、和洋折衷のどら焼きなので、紅茶やコーヒーにも合いそう。春らしいテイストですし、手に持って食べやすいので、ピクニックのお供にもぴったりです!

ドラえもん気分が味わえる!

どらもっち(苺&みるく)本体

どら焼きというネーミングとフォルムから、ドラえもんを思い浮かべますね。実は、ローソンの店頭にはドラえもんもいました!

「食べマス ドラえもん2021」も3月2日に発売されているので、「どらもっち(苺&みるく)」と合わせて食べてみてもいいかもしれません!

実際に食べた人の口コミは?

実際にどらもっちを食べた人の口コミも調査してみました。

良い口コミ

苺&ミルクを食べました。苺クリームの甘酸っぱさと、ミルククリームのほんのり甘いところの組み合わせが合っていて、美味しさはもちろん、春らしさも感じさせてくれます。また、もっちりとした薄皮生地の甘さとクリームとの相性も良く、くどさがなく、甘い物が好きな人はもちろん、、敬遠がちな人も楽しめるスイーツだと思います。

良い口コミ

苺&みるくのどらもっちを食べました。あんこ&クリームのどらもっちに比べて、甘さが控えめ。どら焼きの皮自体に甘さがあるので丁度良いバランスで、最後まで飽きることなく食べられました。苺ホイップもしっかり苺の味と酸味が感じられ、苺好きな人にも喜ばれそうな商品だと思います。

良い口コミ

どらもっちは生地が柔らかくとても食べやすかった。またイチゴや餡子が甘すぎず、きちんとホイップクリームとの味のバランスが取れておりとてもおいしかった。また見た目より中身の量がボリュームがあって食べごたえがあった。

良い口コミ

どらもっち(苺&みるく)は薄い皮の生地にクリームがいっぱいに入っていて贅沢なスイーツでした。口に入れた瞬間にホイップクリームの甘さとどら焼きの香ばしい香りが口いっぱいに広がって美味しかったです。後からいちごの酸っぱさも感じられて美味しいと思いました。

良い口コミ

私は、どらもっちの苺&みるくを食べました。見た目は少し大きめのどら焼きですが、食べてみてびっくりしました。和をイメージして食べたのですが、もちっとした触感に、甘酸っぱい苺とホイップクリームの相性が抜群で、ケーキを食べているような感覚でした。

「どらもっち(苺&みるく)」の商品情報

「どらもっち(苺&みるく)」の商品情報について紹介します。

商品情報
商品名 どらもっち(苺&みるく)
価格 190円(税込)
名称 洋生菓子
原材料名 乳等を主要原料とする食品(国内製造)、液全卵、砂糖、苺ソース、小麦粉、クリーム、水飴、水飴混合異性化液糖、米ペースト、ながいも、苺風味ペースト、牛乳、サワークリーム、レモン果汁、液卵黄、洋酒、食塩、マーガリン/加工デンプン、トレハロース、膨張剤、乳化剤、酸味料、増粘剤(増粘多糖類、加工デンプン)、香料、着色料(紅麹)、pH調整剤、ダイズ多糖類、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・やまいもを含む)
保存方法 冷蔵(10℃以下)で保存してください。
栄養成分表
熱量 258kcal
たんぱく質 3.1g
脂質 12.2g
炭水化物 34.2g
糖質 33.7g
食物繊維 0.5g
食塩相当量 0.3g

どらもっち あんこ&ホイップ

どらもっち あんこ&ホイップ

2019年5月に発売され、どら焼き生地のもち食感とあんこのボリュームが凄いっと話題になったローソンスイーツ「どらもっち あんこ&ホイップ」がクリーム増量で1年後の2020年5月12日にリニューアルされていました!

リニューアル前でもめっちゃ美味しいかった「どらもっち」ですが、今回のリニューアルでどうなったのか気になり、早速食べてみることにしました!

ローソン「どらもっち あんこ&ホイップ」ってどんなデザート?

どらもっち あんこ&ホイップ開封後

ローソン「どらもっち あんこ&ホイップ」は180円という安さで、もちっとしたどら焼き生地とボリューム満点なあんこが入ってるローソン人気の和菓子スイーツ。

「どらもっち」シリーズは販売累計2,100万個を突破した、驚異的な記録をもつ話題性も抜群などら焼きなんです。

ホイップクリーム増量で更に美味しくなったどら焼き

どらもっち あんこ&ホイップ断面図

「どらもっち あんこ&ホイップ」は今回のリニューアルで一番変わったポイントはホイップクリームを増量したことですが、なんとそのホイップクリームに生クリームがブレンドされたんです!!

生クリームというスイーツ界の王様的存在が加わったことで、どらもっちのホイップクリームは更に甘くあんこに合うホイップクリームに進化していました!

個人的にはクリームが好きなので、今回のリニューアルでホイップクリームが増えたことに大満足などら焼きでした!

あんこのボリュームは変わっていない!?

リニューアルのもう1つのポイントにあんことクリームの配合量を見直したっとローソン公式サイトに書かれており、ホイップクリームが増えた感じになっていますが、個人的にはその分あんこが減った感じがしませんでした。

ホイップクリームに負けないぐらいあんこもぎっしり入っていたので、あんこ好きの人にも満足するどら焼きになっています。

あんこはどら焼きではお馴染みのつぶ餡を使用しているので、これぞどら焼き!!っという定番の味に上品なホイップクリームが合わさった美味し過ぎる和菓子です。

発売1年で今やローソン鉄板の和菓子スイーツ

どらもっち あんこ&ホイップのパッケージ

「どらもっち あんこ&ホイップ」は2019年5月発売なので、まだ登場して1年ほどの和菓子にも関わらず、もはやローソン定番のスイーツシリーズの仲間入りになっています。

2020年5月には「どらもっち あんこ&ホイップ」のリニューアルだけじゃなく、別の味の新作を発売させるなど、新しい味もこれからドンドン増えてきそうな感じも。

ローソンお馴染みのもち食感が楽しめるどら焼き生地に、あんこやホイップクリームがぎっしり詰まったボリューム満点などら焼きは一度食べたらハマること間違いなしの和菓子です。

実際に食べた人の口コミは?

実際にどらもっちを食べた人の口コミも調査してみました。

良い口コミ

皮はこの名にふさわしいもっち餅の食感で長芋入りがいいのかこの手のもちもち系にあるような粉っぽさがなくておいしかったです。粒粒しっかりホックリあんでした。甘さもほど良くてこれはクリーム少なくても文句出ません。

良い口コミ

どらもっちのあんことホイップの入った方を食べました。第一印象は、生地のもちもち感です。どら焼きというと食べるとしっとりと歯で切れるというイメージです。しかし、どらもっちはもちもちしていて何となく求肥とどら焼き生地の中間のような感じでした。そこからホイップの柔らかさが伝わり、いつものあんこという順番でやってくる味わいといった印象でした。クオリティが高いので万人向けですが、とくにおすすめしたいのはあんバターどら焼きが好きな人やポンデリングなど餅感が好きな人です。

良い口コミ

生クリームとあんこがどちらも入っているため、かなりくどい味かと思ったが、意外と甘さが抑えられていてぺろりと食べ切れてしまいまいした。また、生地に弾力があるので、食べ応えがある分、カロリーもなかなか高いです。

良い口コミ

名前のとおり、もっちりしてます!もともとどら焼きはすきですが、このどら焼きはとくに美味しいと思います。甘すぎず、さっぱりし過ぎずたべやすい味になっていると思います。中身もしっかり詰まってて満足いく味とお値段だと思います。

良い口コミ

餡子を使っている和スイーツを食べたくて買いましたが、まずずっしりとした重さがビックリしました。食べようとしたらどら焼きの皮の表面が若干ベタベタしていて後始末が大変な印象がありますが、味はとても美味しいですね。値段以上の満足感がある商品です。

良い口コミ

もちっとした少し伸びるような生地なのに厚すぎず、中身とのバランスが最高に美味しいです。中身のクリームと粒あんはそれぞれ単独でもおいしいのですが、一緒に食べるとより一層おいしいです。和菓子も洋菓子もどっちも食べたいときにピッタリのスイーツです。

悪い口コミ

ポイントが付くので先日どらもっちを購入して食べました。結論から言うとそんなに普通のどら焼きと変わらないかな、と思いました。普通のどら焼きのふんわりした感じがややもちもちする生地に変わっただけで、そこ以外は普通のどら焼きと変わらない感覚で食べてしまいました。あんこの甘さは控えめ、ホイップとの混じり合い方は美味しくいただけたと思います。

良い口コミ

あまり、どら焼きなどの和菓子は食べたいとは思わないのですが、どらもっちは、和菓子と洋菓子をうまく組み合わせたスイーツでした。特に生地は、思ったよりもっちりと歯応えがあるのですが、逆にそれが中のあんことホイップと相性バッチリです。生地の周りがしっかりしていて、中身が溢れないので、手も汚れず綺麗に食べられるので女性にも嬉しいです。

良い口コミ

小腹が空いた時は、最高の一品だと思います。甘いものは苦手のわたしにとって、久し振りのヒットです。あまさを抑えたつぶ餡と、もっちりどらかわの相性は、最高だと思います。ただ、200円は微妙です。150円位が理想です。

良い口コミ

もちもちしていて甘すぎないのですが、ほんのり甘くて甘いものが好きな人にはたまらないような味になっています。また、そこまで量は多くないのでお腹空いた時に気軽に食べることができる点も良いし値段も安いので有り難いです。

良い口コミ

普通のどら焼きと比べて本当に生地がもちもちしていて弾力があります。それなのに歯切れが良く、食べやすいです。粒あんのホイップの分量もちょうど良くてパクパク食べられます。コンビニのどら焼きの中で1番美味しいです。

良い口コミ

今までのどら焼きのイメージで食べたら、かなりの衝撃を受けるほどのもちもち感が味わえると思います。見た目よりも食べごたえがあり、想像以上に満足感を得られる大好きなデザートです。和菓子が苦手な人でもきっと気に入ると思います。

良い口コミ

パッケージに惹かれてどらもっちのあんこ&ホイップを食べました。生地は薄めですが柔らかい食感で香りが良く、あんことホイップのバランスも絶妙でした。コーヒーや紅茶にもよく合います。甘い物が無性に食べたい時や小腹が空いた時に最適です。

良い口コミ

生地がもちっとしていて甘みが中身のクリームとあんこを邪魔していなくて全体的にバランスが取れたどら焼きです。感覚として通常のどら焼きとは別物にはなります。生クリームも柔らかくあっさりしており、あんこは少し粒皮が残っていて、ぎっしり詰め込まれています。1個でかなりのボリュームがあり大満足できます。個人的には牛乳か豆乳と一緒に食べると、より美味しく楽しめるかと思いました。

良い口コミ

どらもっちは中に生クリームと、あずきが入っております。コンビニスイーツは高いので滅多に買わないのですがこちらの商品は好きなので週に2回ほど食べております。甘さも控えめなので、くどくなりにくくて食べやすいです。

良い口コミ

薄皮でぷっくりとしたフォルムが可愛いどら焼き。生地はもちもちでしっとりした印象です。中身の餡子とホイップクリームは甘すぎず、7:3くらいの比率で入っていてバランス良く感じます。ずっしりとしていて食べ応えは抜群ですが、しつこくなくペロっと食べることができます。

良い口コミ

とにかくボリューム満点でした。餡子もたっぷり、ホイップクリームもそれに合わせてバランスよく入っていて、絶妙な味でした。どらの皮も普通のどら焼きと違ってぱさぱさ感がなくて、もっちりとして餡とホイップの美味しさをより引き立たせていると思いました。

良い口コミ

結構中身がぎっしりと入っていて食べたらすごくお腹いっぱいになりました。味はあんこが沢山入っていてクリームもバランス良く入っていてすごく美味しかったです。もっちもっちの焼き生地ぐあいがすごくハマってしまいました。

良い口コミ

見た目が地味なのであまり期待しないで買ったのですが予想外においしいです。もっちの名前の通り外側の生地がかなりもちもちしています。あんこも生クリームも両方食べて満足したいという欲求を満たしてくれるスイーツです。

良い口コミ

どら焼きは昔から大好きでしたが、この商品は粒あんにプラスして、ホイップクリームがたくさん入っているというところが最高だと思います。甘い物好きですので、この「どらもっち」を食べる瞬間こそ至福の時だと思いました。

良い口コミ

あんことホイップクリームがたっぷり入っているので、ずっしりとしています。 中にたっぷり詰まっているので、食べると横からクリームとあんが飛び出てきます。クリームもあんこも甘さがちょうど良く、もちもちの皮もとっても美味しいです。 もちもちの食感がハマります!

どらもっち あんこ&ホイップの詳細

「どらもっち あんこ&ホイップ」の商品情報・成分情報について紹介しています。

商品情報
商品名 どらもっち あんこ&ホイップ
価格 167円(税込180円)
名称 洋生菓子
原材料名 つぶ餡(国内製造)、液全卵、砂糖、乳等を主要原料とする食品、クリーム、小麦粉、水飴、水飴混合異性化液糖、米ペースト、ながいも、牛乳、液卵黄、洋酒、食塩、マーガリン/加工デンプン、トレハロース、膨張剤、乳化剤、香料、増粘多糖類、pH調整剤、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・やまいもを含む)
保存方法 冷蔵(10℃以下)で保存
消費期限 だいたい3日(5月27日18時頃に購入したものの消費期限が5月30日だったため)
製造元 株式会社モンテール
栄養成分表
熱量 274kcal
たんぱく質 4.9g
脂質 8.1g
炭水化物 46.8g
食塩相当量 0.3g

どらもっち ミルク&ホイップ

どらもっち ミルク&ホイップ

ローソンの定番ウチカフェスイーツシリーズ「どらもっち」からまたも2020年8月18日に新作が登場しました!

今度のどらもっちはミルクとホイップクリームが合わさった、なんとあんこがないどら焼き。

どら焼きにあんこがないのをもはやどら焼きと呼んでいいのか微妙なところですが、ホイップクリーム好きの私としてはこれは早く食べたいと思い、早速買ってみました。

ローソン「どらもっち ミルク&ホイップ」ってどんなデザート?

どらもっち ミルク&ホイップパッケージ

「どらもっち ミルク&ホイップ」はもちもち生地のどら焼き生地にホイップクリームとミルククリームという2種類のクリームを合わせた、クリーム好きにはたまらないどら焼き。

どらもっちは今までも抹茶×あんこなど、色んな味が登場していましたが、ついにあんこがないバージョンまで登場するようになりました。

ちなみにホイップクリームは北海道産の生クリームを使用した贅沢なクリームですよ。

ミルクホイップクリームがぎっしり詰まった贅沢などら焼き

どらもっち ミルク&ホイップ断面図

「どらもっち ミルク&ホイップ」はクリームにこだわっているだけあって、ホイップクリームとミルククリームがめちゃくちゃ美味しいです。

ただ正直どっちがホイップクリーム、ミルククリームなのかはわかりません。(見た目からもさっぱりです)

もしかしたら2つのクリームが最初から合体しているのかもしれませんが、どちらにしろクリームの美味しさだけは間違いないです。

しかもローソンのどら焼きは基本クリームの量が多いので、「どらもっち ミルク&ホイップ」もクリームがぎっしり詰まっているところも嬉しいポイント。

もち食感のどら焼き生地とミルクの甘さが美味

どらもっち ミルク&ホイップ開封後

クリームが抜群に美味しい「どらもっち ミルク&ホイップ」ですが、そこにもちもち食感のどら焼き生地と一緒に食べることで更に美味しくなります。

商品はどら焼きですが、これはもはやクリーム餅のような食感です。

もちもち食感のどら焼き生地だけでも美味しいのに、そこに絶妙に甘すぎないクリームが加わることで何個でも食べたくなるどら焼きに進化しています。

あんこ嫌いにオススメしたいどら焼き

どらもっち ミルク&ホイップ開封後2

「どらもっち ミルク&ホイップ」はどら焼きではありえない、あんこがないどら焼きです。

なので、どら焼きは好きだけどあんこはいらないなぁっと思ったことがある人にめちゃくちゃオススメ。

元和菓子職人の私としてはどら焼きにあんこがないのは違和感を感じたりもしましたが、「どらもっち ミルク&ホイップ」がそもそも美味しいので、これはこれでありな和菓子?でした。

実際に食べた人の口コミは?

実際にどらもっちを食べた人の口コミも調査してみました。

良い口コミ

“あんこ&ホイップ”、”ミルク&ホイップ” 、新発売された”苺&みるく”、の3種類を食べました。その中でも一番あんこ&ホイップが美味しかったと思います。ホイップが苦手な私でもしつこすぎないホイップとあんこの組み合わせが大変美味しいと感じました。他の二種類も和菓子特有の甘すぎない所が良かったです。

どらもっち ミルク&ホイップの詳細

「どらもっち ミルク&ホイップ」の商品情報・成分情報について紹介しています。

商品情報
商品名 どらもっち ミルク&ホイップ
価格 167円(税込180円)
名称 洋生菓子
原材料名 液全卵(国内製造)、乳等を主要原料とする食品、クリーム、砂糖、小麦粉、水飴、水飴混合異性化液糖、米ペースト、牛乳、練乳ペースト、ながいも、抹茶、液卵黄、洋酒、マーガリン、食塩/加工デンプン、トレハロース、膨張剤、乳化剤、香料、増粘多糖類、pH調整剤、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・やまいもを含む)
保存方法 冷蔵(10℃以下)で保存
消費期限 だいたい4日(9月4日22時頃に購入したものの消費期限が9月8日だったため)
製造元 株式会社モンテール
栄養成分表
熱量 250kcal
たんぱく質 3.2g
脂質 12.3g
炭水化物 31.6g
食塩相当量 0.3g

どらもっち 堪能マロン

どらもっち堪能マロン

皆さん、秋といえば栗が食べたくなる季節ですが、ローソンの新商品「どらもっち 堪能マロン」はもう食べましたか?

秋になると、コンビニや飲食店で栗を使った商品が多く販売され、あれもこれも食べたくなりますよね。

その中でもローソンの「どらもっち 堪能マロン」は、栗を最大限に楽しめる商品となっています。

具体的には「3種の栗が楽しめる」商品となっていますので、これから前から気になっていた人や、買おうか迷ってたという人は参考にしてください。

「どらもっち」は、「堪能マロン」の他にも「あんこ&ホイップ」「ミルク&ホイップ」「チーズ&チーズ」などがあり、ローソンのシリーズ商品です。

これだけ種類があるということは、人気シリーズということで期待できそうですね。

ローソン「どらもっち 堪能マロン」を購入&開封

帰りにローソンのデザート売り場で「どらもっち 堪能マロン」を購入しました。

隣に「どらもっち あんこ&ホイップ」が置かれていました。

どちらもパッケージがよく似ており、あやうく間違って買うところでした。

購入するときは味を確認してから買いましょう。

「どらもっち 堪能マロン」はパッケージの中で、プラスチックの容器に入っているため、かばんの中で横にしてしまっても、崩れることなく持って帰ることができました。

さっそくかばんからとりだします。

どらもっち堪能マロンパッケージ

パッケージには「もちっぎゅっ!」の文字が書かれており、シンプルでおしゃれなデザインです。

開封するとこんな感じです。

どらもっち堪能マロン開封後

プラスチック容器にくぼみがあるため、どらやきが取りやすくなっています。

中身はこぶしくらいの大きさで、小腹が空いたときにはちょうど良いサイズです。

生地はしっとりとしていて、指にペタッとくっつくくらい。

横から見るとこんな感じです。

どらもっち堪能マロン断面図

上から見たときは気がつきませんでしたが、分厚くて重量感があります。

中にたくさんクリーム&餡が入っていそうな予感がして、楽しみになってきます。

では、その中身はどうなっているでしょうか。

半分に割ってみるとこんな感じです。

どらもっち堪能マロン一口サイズ

予想通り中身はぎゅっと詰まっております。パッケージに表示された「※写真はイメージです。」の文字はいらないくらい、クリームも餡もたっぷり入っています。

「どらもっち 堪能マロン」は3種の栗が楽しめる!

どんな味がするのでしょうか。さっそく食べてみましょう。

最初の1口目は生地と白いクリームを楽しめます。

白いクリームは生クリームかと思いましたが、栗の味がするホイップクリームでした。

軽い食感で口の中でふわっと溶けていきます。栗の味もしっかり感じられます。

「これはおいしい」と思いながら2口目を食べると、中央の茶色い餡に到達しました。

1口目のホイップクリームの軽い食感とは違い、中央の餡は舌ざわりがしっかりしていて、餡が舌に残るようなしっとり感があります。

そして、より栗の味が濃く、ホイップクリームとの相性も抜群にいいです。

「2種の栗が楽しめるのか、なるほど」と思いながら、3口目を食べると、もう1つの栗が隠れていることに気がつきました。

栗の実のかけらが餡の中に入っていたのです。

しっかり歯ごたえを感じられる大きさで、クリームと餡とはまた違った味、栗そのものの味を楽しむことができます。

ぱくぱくと食べ進め、そしてあっという間に完食。

1口1口進むごとに、違った味を感じられるため、飽きずに食べ続けられます。

感想「栗、おいしい!みんな食べた方がいい!」

完食し、こんな小さなどらやきで3つの栗を楽しむことができるなんて、贅沢な商品だなと感じました。

しかも、この重量感と味で税込200円は安い!

頑張った日のデザートに十分すぎるおいしさです。

まさに「コンビニスイーツはここまで進化していたのか」と言わざるをえません。

すでにご紹介したとおり、「どらもっち 堪能マロン」は、栗を堪能できる一品となっております。商品名そのまんまの内容です。

サイズも甘さもちょうど良く、食べやすいです。

おやつや、ちょっとあまいものを食べたいときにもぴったりです。

皆さんも、この秋のちょっとしたご褒美に、買ってみてはいかがでしょうか!

どらもっち堪能マロンの詳細

商品情報
商品名 どらもっち堪能マロン
価格 200円(税込)
カロリー 253kcal
販売店舗 ローソン

どらもっち パリチョコチップ&ミルク

どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)

もちもち食感で大人気、ローソンウチカフェの和洋折衷スイーツ「どらもっち」から、この度チョコレート味の新作が登場しました。

その名も『どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)』。今回はチョコレートとのコラボレーション!!

和の要素でもあるどらやきと、洋の代表的な食材でもあるチョコレート。

一体どんなスイーツに仕上がっているのでしょうか?

早速ローソンで購入してきました!

ローソン『どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)』はどんなスイーツ?

どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)パッケージ

『どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)』は、もちもちの薄皮生地にパリパリとした食感が特徴のチョコチップが入ったチョコクリーム、北海道産生クリームを配合したホイップクリームをとじこめた2層仕立てになっています。

価格は税込190円。カロリーは296kcalと結構お高め!しかし、この重量感と密度から考えると納得なカロリー数ではあります。

見た目はチョコレートということだけあって、ダークブラウンのモダンで上品なトーンの生地。

何よりも気になるのは、普通のチョコチップ&ミルクではなく、”パリチョコチップ”というネーミング。”パリチョコチップ”とは一体??

さまざまな期待を胸に、さっそく食べてみたいと思います!

ローソン『どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)』のお味は?

どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)開封後

パッケージを開けると、プラスチックケースの中にチョコレート色のどらやきがみっちりと収められています。

前作同様、手に持つとずっしりとした重量感があり、生地の手触りはしっとりもちもち。今回もかなり食べごたえがありそうです。

まずはセンターで半分にカット。

中にはチョコレートクリーム&ホイップクリームがぎっしり!!

このチョコクリームの中に、今回気になっている”パリチョコチップ”が入っているとのこと。

ひとくちパクリ。チョコレートの少しビターな味わいと、ミルキーな甘さのホイップクリームの絶妙なバランスが口の中いっぱいに拡がります。

甘さは全くしつこくなく、それでいてチョコレートクリームにはしっかりとしたコク。何を隠そう、食いしん坊にはたまらないこの幸せな密度!

どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)断面図

一口かじるたびに、ギュッと詰まったもちもちの生地がチョコレートのコクと共に口いっぱいに感じられます。これは食べごたえ抜群です。

食べすすめると、もちもち食感の中にパリパリとした食感のチョコチップが出現!

しかも予想していたよりかなりたくさんのチョコチップがチョコクリームの中に隠れていました!!

粒がたっぷり入っているので、噛んだときのぱりぱり食感がしっかりと感じられます。

もっちもちなどらやき生地と柔らかいクリームの中に、このチョコチップの”ぱりぱり”が食感のアクセントになっていて口の中が面白い!

これはその名の通り、正真正銘の”パリチョコチップ”。

ボリュームがあるぶん甘さ控えめに設計されているのか、味もしつこくなく食感の楽しさも相まって飽きることなくあっという間に最後まで食べ終わってしまいました。

『どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)』、商品としてのクオリティがかなり高いです。

美味しさの中に食感の楽しさもプラス、しかも抜群の食べごたえ!!これは良い意味で恐ろしいスイーツに出会ってしまいました。

味、食感、食べごたえ全てにおいて高クオリティ!五感で味わう大満足スイーツ

どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)断面図2

ローソンウチカフェ『どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)』は、味良し・食感良し・量良し。

更に価格良しの全てを兼ね備えた、コスパ最高のどらやきです。

正直見た目はそんなに派手なわけでもなく、なんだかお上品な感じのスイーツだな〜くらいに考えていたので、中身のクオリティのギャップに完全にやられました。

チョコレート好きな方・和菓子好きな方にはもちろんのこと、全体的に甘さ控えめなので、甘いものが苦手な方にも是非食べて欲しい一品です!

味のクオリティが高く更にボリュームがあるので、食いしん坊の方にはたまらないスイーツだと断言できます。

明日以降ローソンで見かけたら、私も買いだめしておこうと密かに誓いました。

みなさんも是非、ローソンで見つけてゲットしてみてくださいね♫

実際に食べた人の口コミは?

実際にどらもっちを食べた人の口コミも調査してみました。

良い口コミ

どらもっちパリチョコチップ&ミルクを食べました。 2つに割ってみるとカカオの匂いがします。 クリームが隙間がないぐらい多く入っているがこぼれることはなかったです。 クリームの味は美味しく後味さっぱり、外側がモチモチしているのにチョコチップのパリパリ感により食感も楽しめてとても食べやすかったです。

どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)の商品情報

「どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)」の商品情報について紹介します。

商品情報
商品名 どらもっち(パリチョコチップ&ミルク)
価格 190円(税込)
名称 和生菓子
原材料名 乳等を主要原料とする食品(国内製造)、液全卵、砂糖、チョコレート、小麦粉、水飴、牛乳、水飴混合異性化液糖、クリーム、ながいも、ココアソース、ココアパウダー、練乳ペースト、準チョコレート、液卵黄、マーガリン、洋酒、食塩/加工デンプン、トレハロース、香料、膨張剤、乳化剤、増粘多糖類、pH調整剤、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・やまいもを含む)
保存方法 10℃以下で保存してください(要冷蔵)
栄養成分表
熱量 296kcal
たんぱく質 4.1g
脂質 14.6g
炭水化物 37.9g
糖質 36.3g
食物繊維 1.6g
食塩相当量 0.3g

どらもっちの製造は洋菓子で有名な株式会社モンテール

ローソンスイーツの製造会社は商品ごとに色んな会社さんが製造しているのですが、どらもっちに限っては全てモンテールさんが製造しています。

モンテールといえば、スーパーなどでシュークリームやロールケーキ、エクレアを見かけたことありませんか?

その販売元がモンテール製品を扱っているスーパーが結構多いです。(牛乳と卵のカスタード&ホイップシューや牛乳と卵のエクレアなど実は見たことある人も多いはず)

シュークリームやロールケーキは生地が重要なポイントなので、そこをモンテールさんが製造している「どらもっち」もやっぱり生地のこだわりはめっちゃ美味しいですね。

どらもっちは今後も色んな種類が増えそう

今回はコンビニスイーツ革命で実際に食べた「どらもっち」を中心に詳しく紹介しましたが、この調子だと今後も新作が増えていきそうです。

コンビニスイーツ革命では引き続き、新作が販売されたらその詳細を載せていきます。

ローソン公式サイトでもどらもっちの魅了について解説しているので、こちらも一緒に読むと、よりどらもっちの魅力を知ることができますよ♪(公式キャラクターも登場したみたいです)

関連スイーツ記事はこちら

SNSでもご購読できます。

カテゴリー一覧

ジャンル一覧