金粉までかかった高級ファミマスイーツ「宇治抹茶の生チョコタルト」

更新日:2021/05/26 / 公開日:2021/05/26

ファミリーマート , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宇治抹茶の生チョコタルトトップ画像

スイーツコーナーに到着すると目に飛び込んでくる「緑、緑、緑」の商品たち。まさに「目が覚めるような」鮮やかなコーナーになっていました。抹茶フェアが開催されているようです。新商品の「宇治抹茶の生チョコタルト」以外にも、緑色の商品を全部集めてきたかのような商品棚は、田植え後の緑の田んぼを思わせるほどの緑、緑、緑の広がり具合でした。圧巻ですよ。

そんな緑の中から「摘んでくる」ように今回は「宇治抹茶の生チョコタルト」を手にしてウキウキ気分でレジに並びます。お値段は1つ204円(税込み220円)抹茶スイーツとしては安い方なのかな?大きさは直径8cmくらい、500mペットボトルの底の大きさと同じくらい。そう思うと、ちょっと高い方かもしれませんね。今日は「綾鷹」をお供に抹茶スイーツを堪能したいと思います。

金粉が乗っているスイーツ!?

宇治抹茶の生チョコタルト

金粉が乗っている~。封を開けてみてびっくり、本当に金粉がかかっていました。結構かかってます!!キラキラ光る粉が見えてテンション上がること間違いないです。金って味ないのになんでこんなに高揚感を与えてくるのでしょうね。その色と濃いめの緑色がとってもきれいなコントラストになっています。厚めのタルトカップに、深くて濃いめの緑色がとっても重厚感をだしています。

どれどれ、さっそく半分に切って中を見てみます。一番上には抹茶の生チョコがのっていて、その下に抹茶ガナッシュ?がたっぷり入っています。抹茶の生チョコの部分は厚みがあるので、包丁で切っていてもねっとり吸い付く感じがわかります。甘い香りはしますがお茶の香りというよりチョコレートの甘い香りです。断面がきれいなスイーツって自然と笑顔になってしまうのは、私だけでしょうか…。しばらく飾っておきたくなります。

一口いただきます♪全体的にしっかり詰まった印象を与える食感です。抹茶の生チョコの部分は、その厚みのせいでしょうか、口の中で長いことその存在をとどめているようです。ずーっと「おいしい」を味わえているのは嬉しい要素の一つです。その下にある抹茶ガナッシュは柔らかく、とろっとしていて口の中でタルトと合わさって、もう一つのスイーツが出来上がります。

生チョコなしで食べても立派なスイーツになっていると思います。これだけで十分なんじゃん!?なんてね。

生チョコを作るのは大変!?

宇治抹茶の生チョコタルト断面図

生チョコはこんなに滑らかで、上品なスイーツですが、意外と簡単に作れるチョコレート菓子の一つなんです。チョコレートだけではテンパリングという作業が肝になり、これがうまくできないと艶のない、口当たりの悪いチョコレートスイーツになりますが、生チョコは生クリームを混ぜて作るので、そのテンパリングという難しい作業なしでもできちゃうのです。材料も、チョコレート、生クリーム、砂糖だけでできちゃうという、超お手軽なんです。是非、一度試してほしい一品です♪

この「宇治抹茶の生チョコタルト」の生チョコは抹茶の味をとっても濃く味わえるようになっていました。封を開けたときの香りはそれほど香りませんが、口に入れたときに鼻に抜けていく青葉の香りがとてもさわやかです。口の中はチョコレートの甘さが占領していて、最後に少し苦みを残してその形が消えていきます。タルトにしなくても、このチョコレートの部分だけでも100円くらいの価値があるんじゃないかと思うくらい、完成度を感じます。

上林春松本店監修の宇治抹茶生チョコタルト

宇治抹茶の生チョコタルトパッケージ

上林春松本店(かんばやししゅんしょうほんてん)、と読みます。めちゃくちゃ歴史のあるお茶を扱ったお店です。なんと創業450年。どんだけ前から営んでいられるのか、私には想像できません…。江戸時代の前からですよ!!ちなみに、日本で一番古い会社は、578年前からある「金剛組」という建設会社だそうです。お寺とかお城とか、バンバン立ててきたんだろうなぁ。

そんな超歴史ある上林春松本店の監修で作られた抹茶タルト、まずいわけがありませんよね。こちらのお店は「綾鷹」を扱っているところだそうです。あ!「綾鷹」を飲みながらタルトを頂いている自分にびっくり。上林春松本店さんを満喫できるセットですね(笑)

それぞれが独立して完成されたデザート

宇治抹茶の生チョコタルト

パッケージの芽に鮮やかな緑色と、チョコレートの深い緑色を引き締めているのはこの白いタルトではないでしょうか。厚みのあるタルトになっているので、持った時の安定感は抜群です。さらに、一口ほおばったときの、かみ砕いていく感じは食べてる感満載です。ただの入れ物、と侮るなかれ。厚めに焼かれてたクッキー生地は、それだけでもおいしい味。この入れ物、おいしいぞ!と誰もが気づいてくれるのではないかしら。

ということは…タルト、ガナッシュクリーム、抹茶の生チョコ、それぞれが独立して完成された一品になっているということ。商品3品を一緒に口に入れているってことか!?なんて贅沢なスイーツなんでしょう。その完成品3品を口に入れると最強の1品になるという…。

ファミリーマート「宇治抹茶の生チョコタルト」の詳細

宇治抹茶の生チョコタルト成分表

「宇治抹茶の生チョコタルト」の詳細について紹介しています。

商品名 宇治抹茶の生チョコタルト
価格 220円(税込)
カロリー 259kcal
販売店舗 ファミリーマート

関連スイーツ記事はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。